2016年01月16日 07時00分 UPDATE
特集/連載

スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違いiPad ProとSurface Pro 4を比較、熱心な“信者”でも嫉妬したそれぞれの機能は? (1/3)

米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]
Surface Pro 4とiPad Pro Surface Pro 4とiPad Pro《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad Pro」と米Microsoftの「Surface Pro 4」はどちらも大型ディスプレイ、高速なプロセッサ、大容量のストレージを搭載している。オプションのキーボードを装着すればノートPCとして使用できる。どちらの方が優れているのだろうか。本稿ではそれを検証したい。

構造とデザイン

 ビジネスユーザーは、大画面を好む。その方が長時間仕事に取り組みやすいからだ。どちらのタブレットも大型の部類に入る。だが、iPad Proの画面の方が大きく、高さと幅もある。また、わずかな差だがiPad ProはSurface Pro 4より薄く、若干軽い。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。