2016年01月16日 07時00分 UPDATE
特集/連載

スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違いiPad ProとSurface Pro 4を比較、熱心な“信者”でも嫉妬したそれぞれの機能は? (1/3)

米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。

[Ed Hardy,TechTarget]
Surface Pro 4とiPad Pro Surface Pro 4とiPad Pro《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad Pro」と米Microsoftの「Surface Pro 4」はどちらも大型ディスプレイ、高速なプロセッサ、大容量のストレージを搭載している。オプションのキーボードを装着すればノートPCとして使用できる。どちらの方が優れているのだろうか。本稿ではそれを検証したい。

構造とデザイン

 ビジネスユーザーは、大画面を好む。その方が長時間仕事に取り組みやすいからだ。どちらのタブレットも大型の部類に入る。だが、iPad Proの画面の方が大きく、高さと幅もある。また、わずかな差だがiPad ProはSurface Pro 4より薄く、若干軽い。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

LINE広告、「ウォレット」タブでの広告配信を開始
LINEのさまざまなサービスのゲートウェイである「ウォレット」タブ上で運用型広告の配信...

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...