TechTargetジャパン

レポート
ジャーナリスト、神尾寿のiPhoneコラムを振り返る
 iPhone発売直前のレビューから、発売3カ月後の“失速報道”に対する考察、iPhone OS 3.0がもたらすエコシステムについての解説など、この1年にジャーナリストの神尾寿氏が執筆した、iPhoneに関するコラム6本を電子ブックレットにまとめ直して一挙紹介する。(2009/6/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
俺仕様なiPhoneケースを作ろう!
 かつては、現場で3次元CADをバリバリと使っていた人も、いつしか、使うソフトはWordやExcel、Power Pointのみ、形状よりも文書を読む方が多くなっているのではないだろうか。 かくいうわたしも、長い間CAD、CAEやPDMの業界にいたとはいえ、この10年は主にマーケティン...(2012/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
無理してiPhoneアプリを作る必要はない
業務システムのクライアントとしてスマートフォンが利用されはじめている。外出先からインターネットを通じて既存のシステムに接続するのが一般的な用途だろう。システムインタフェースとしてWebアプリケーションが用意されていれば追加投資せずに接続できる。しかし、ス...(2011/1/27 提供:グレープシティ株式会社)

事例
川崎汽船がiPhone400台を一元管理、個人と業務のエリア分離でセキュリティ強化
 川崎汽船は、モバイルのさらなる業務活用を進めるため、営業職と管理職を対象に約400台のiPhoneを配布した。利用者の利便性を確保しながら端末内のデータ漏えいのリスクを低減し、端末管理の負荷を軽減する仕組みとして、同社は、モバイルデバイスおよびモバイルアプリ...(2015/10/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
【製品開発インタビュー】カシオが考えるスマートウオッチ「STB-1000」
 「G-SHOCK(ジーショック)」「PROTREK(プロトレック)」「OCEANUS(オシアナス)」などの腕時計ブランドを有するカシオは、Bluetooth 4.0 で追加された低消費電力通信規格「Bluetooth Low Energy(Bluetooth LE)」に対応する“世界初”の腕時計として、G-SHOCK「GB-6...(2015/7/30 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
iPhoneで経費精算はもう当たり前、基幹業務クラウド化がもたらす4つのメリット
 先進的な経営層は、今やテクノロジーをサービスと捉えている。このサービスには、柔軟性、セキュリティ、拡張性や、場所・デバイス・時間に縛られず使えることが求められる。またコストの低減や統合の容易さも必要だ。一方でユーザーに対しては、サービスの個別機能や...(2015/9/14 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
iPhoneで学ぶ、タッチパネルの基礎
 タッチパネルの種類は大きく分けて5つあります。 主に携帯電話やPDAやカーナビなどの小・中型機器に搭載されている抵抗膜方式と静電容量方式。専用ペンを使用するタブレットPC向けの電磁誘導方式。そして、POSやATMなどの業務機器やFA機器など産業用途の大型機器に採用...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
iPhoneの持ち込みは止まらない、BYOD活用ルールの作り方
 個人所有のモバイルデバイスが企業ネットワークに接続するようになり、従業員の仕事の進め方は根本的に変化した。24時間いつでもメールを受信し、在宅勤務もスムーズに行われるようになった。一方、BYODが進むにつれ、ネットワークがトラフィックの増加に対処できるよう...(2015/12/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
iPad および iPhone 向け高速開発に革新的オプション
 IT エグゼクティブは、スマートフォンやタブレット端末がビジネスプロセスの改善に役立ち、顧客サービスの向上を通して売上を増加させるとともに、コスト削減にも貢献すると期待しています。また、これを実現するために、多くのビジネスユニットや IT 部門では、iPad と...(2011/10/24 提供:ファイルメーカー株式会社)

レポート
iPhone 3G、“ケータイとしての魅力”――プロモバ未公開コラム
仕事柄と飽きっぽい性格から、これまで半年ごとにメインの携帯電話を買い換えてきた筆者だが、iPhone 3Gについては発売時から今日に至るまで、メインの機種として飽きることなく満足して使い続けている。その理由として、端末の先進性や秀逸なビジネスモデル、拡大するエ...(2009/6/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
iPhoneで学ぶマルチタッチの仕組み
 タッチパネルの種類は大きく分けて5つあります。主に携帯電話や PDA やカーナビなどの小・中型機器に搭載されている抵抗膜方式と静電容量方式。専用ペンを使用するタブレット PC 向けの電磁誘導方式。そして、POS や ATM などの業務機器や FA機器など産業用途の大型機器...(2015/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
iPad/iPhoneやAndroid端末で使える、必携ビジネスアプリ20選
 企業でスマートデバイスを導入する事例は既に珍しくはなくなった。中には、従業員の私物端末を業務利用させる「BYOD」に踏み切る企業も現れている。企業支給端末、個人端末問わず、スマートデバイスを使って生産性を高めるためには、端末に適切なアプリを導入するのが有...(2014/5/14 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
保険外交員の方の個人端末利用を許可するセキュリティ手引き
 個人端末として使用できる端末のOSは、iPhone/iPad、Android、在宅PCのWindowsなどがある。利用者の個人端末にDoCANブラウザをインストールすると、ユーザーのスクリーンショットを禁止し、またウイルス検疫機能を内蔵しているため、ウイルスやスパイウェアによる情報...(2015/12/11 提供:株式会社コネクトワン)

技術文書
別冊Computer Weekly Apple製品の正しい使い方
 Windowsクライアントを前提とした企業環境に、iPhone、iPad、MacといったApple製品が導入されつつある。これらを企業の運用・セキュリティポリシーに合致させつつ活用していくにはどうすればよいのか? 企業の不慣れなApple製品に直面したIT分門の参考になる、以下の関...(2014/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「ソフトウェア電球」が実現、iPhoneからLED電球を自在に操る(スマートジャパンブックレット)
 フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、2013年9月26日、ソフトウェア制御が可能な家庭向けのLED電球「Philips hue(フィリップス ヒュー)」の販売を開始した。 Philipsグループは2012年10月に北米と欧州で同製品の販売を開始しており、今回、家庭向けの同社初の ...(2014/2/26 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
モバイル端末対応「介護記録アプリ」一覧表
 本コンテンツでは、2015年3月現在で提供されている8つの主要なモバイル端末を用いる介護ケアソフトを取り上げ、その機能や特徴を一覧表にまとめている。なお、この一覧表を基にした解説記事は以下をご確認いただきたい。解説記事:モバイル端末で使える「介護記録アプリ...(2015/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「決め手はiPadの使い心地」場所を選ばないリアルタイムな遠隔研修をクラウドで実現
 従来、遠隔研修ソリューションは、出張コストや研修場所確保の手間などを低減できるものとして注目されてきた。しかし専用機器の用意や各種設定など、初期負担が予想外に高くつくといった問題があった。また対応端末はPCのみということもあり、柔軟な研修の実施ができな...(2016/2/4 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

技術文書
タッチセンサー技術まとめ
 タッチセンサーを利用した革新的なユーザーインターフェースを備える機器が注目を集めている。そうした動きを受けて、新たなタッチ技術を取り入れた機器を設計したいと考えている方も多いだろう。 タッチインターフェースは、1970年代初頭に発明された。それ以来、さま...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ECサイト売り上げトップ50のメルマガ配信を調査、ユーザーに読まれる配信タイミングはどこか?
 メールマガジンを既に発行していたり、これから開始しようと準備を進めている企業にとって、他社がどのような形態や形式でメルマガを発行・配信しているか、大いに気になるところだろう。しかし参考にしたくとも、海外発の調査資料は散見されるものの、国内企業に関する...(2016/1/15 提供:ユミルリンク株式会社)

技術文書
モバイルが企業にもたらす脅威とチャンス──モバイルセキュリティ、統合への道
 モバイル端末の社内導入、社内向け・顧客向けモバイルアプリケーションの開発を実施する企業は増え続け、この流れはもはや止められない。しかし、決して整然としたプロセスで導入されていないデバイスやアプリケーションは、IT部門に難解な課題解決を強いている。 例え...(2016/1/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
標的型攻撃に対抗するのはサンドボックスだけではない「コンテンツ&マルウェアフィルタリング」という提案
 一時期、標的型攻撃は「一部の大規模組織だけが狙われる」という考え方が流布されていた。しかし実情を見れば、脆弱性を持つ企業ならどこでも侵入し、そこを踏み台にしてさらに別の企業へ攻撃を仕掛けるケースが起きている。そのため包括的なセキュリティ施策について...(2015/12/2 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月18日号:Office 2016に影を落とす不吉な前兆
 Computer Weekly日本語版 11月18日号は、以下の記事で構成されています。■Office 2016の出ばなをくじいたMicrosoftの失敗 Microsoftの収益源になると見られているOffice 2016。クラウドベースのコラボレーション機能を前面に押し出すが、いきなりある失敗を犯した。(2015/11/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月15日号:Windows 10 vs. Mac OS X El Capitan
■Mac OS X El Capitanの魅力はWindows 10以下か? Appleが発表した新Mac OS「El Capitan」。同OSをWindows 10と比較すると、幾つかの点で見劣りする。Windows 10にあってEl Capitanにない機能とは?■リリース直前、Windows 10へのアップグレード体制は整ったか? いよ...(2015/7/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月7日号:CIOがハマる5つの落とし穴
 Computer Weekly日本語版 1月7日号は、以下の記事で構成されています。■MicrosoftのOffice 365戦略、鍵はセキュリティのアピール Office for iPhoneの公開やDropboxとの連携、Office 365へのシフトなど、MicrosoftのOffice戦略が大きく変わろうとしている。■Microso...(2015/1/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
iPhoneやAndroidの業務活用を支えるMDMとは?
 ノートPCとは異なり、管理者にとってスマートフォンは業務用端末として見るとやっかいな存在だ。セキュリティポリシーの策定が追い付かない状態で私物端末が自由に業務で使用され、ある意味野放しの状態を黙認せざるを得ない状況にある企業も多いのではないだろうか。管...(2013/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
「Windowsタブレット」はどこまで広がるのか? 企業の関心と最新動向を調査結果で示す
 業務の生産性向上などで当たり前になりつつあるスマートデバイスの社内利用。しかし、実際に導入しようとするとさまざまな問題が浮上する。TechTargetジャパンではスマートデバイスの業務利用に関する課題と解決策を探るため、読者調査を実施した。 調査で聞いたのはス...(2015/10/14 提供:株式会社 日本HP)

事例
日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
 物流パレットのレンタル事業を展開する日本パレットレンタルでは、パレットの所在・在庫管理のさらなる効率化が課題であった。2013年9月には、物流機器管理ソリューション「Llink(エルリンク)」を立ち上げ、RFIDを活用したRTI(Returnable Transport Items:通い容器...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
企業向けモバイル管理プラットフォームに必要な「10の要件」とは?
 企業の競争力強化のために、多様化するモバイル端末を業務に活用し、生産性向上のツールとして運用したいというニーズが高まっている。そのためIT管理者は、端末管理や、端末内の企業データの確実な保護、既存のインフラストラクチャをモバイル環境に対応させるための基...(2015/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
マーケティングオートメーション実装マニュアル、3段ステップで解説
 マーケティングにおける業務の最適化を進める上で、大きな武器となるマーケティングオートメーションだが、その構築・運用に試行錯誤している企業は多い。何に取り組めば良いのか、どのように取り組めば良いのか、取り組みに関する情報がまだ不足している。 本ホワイト...(2015/11/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading