2016年07月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「iOS」のセキュリティ機能はどこまで使える?「iPhone」と「iPad」のデータどう守る? IT担当者が知るべき8つの方法 (1/3)

企業におけるAppleデバイスの需要が高まり、データ保護の必要性は、かつてないほど高まっている。IT担当者には、iOSデバイスの安全性を維持する複数の選択肢がある。

[Lisa Phifer,TechTarget]
AppleのモバイルOS「iOS10」の公式Webページ《クリックで拡大》

 Appleデバイスはユーザーに人気がある。そのため、AppleのモバイルOSの「iOS」に組み込まれているデータ保護機能を最大限に活用することが、ビジネスデータを保護する上で重要だ。

 Appleのセキュリティ機能は長い年月をかけて大きく進歩している。だが、まだ弱点がある。IT担当者は弱点を把握して、デバイスを最新の状態に保ち、暗号化や指紋認証機能「Touch ID」などの主要機能を有効にしなければならない。

 本稿では、iOSデバイスのデータを保護するためのベストプラクティスを紹介する。

ハードウェアを賢く選ぶ

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...