2016年07月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「iOS」のセキュリティ機能はどこまで使える?「iPhone」と「iPad」のデータどう守る? IT担当者が知るべき8つの方法 (1/3)

企業におけるAppleデバイスの需要が高まり、データ保護の必要性は、かつてないほど高まっている。IT担当者には、iOSデバイスの安全性を維持する複数の選択肢がある。

[Lisa Phifer,TechTarget]
AppleのモバイルOS「iOS10」の公式Webページ《クリックで拡大》

 Appleデバイスはユーザーに人気がある。そのため、AppleのモバイルOSの「iOS」に組み込まれているデータ保護機能を最大限に活用することが、ビジネスデータを保護する上で重要だ。

 Appleのセキュリティ機能は長い年月をかけて大きく進歩している。だが、まだ弱点がある。IT担当者は弱点を把握して、デバイスを最新の状態に保ち、暗号化や指紋認証機能「Touch ID」などの主要機能を有効にしなければならない。

 本稿では、iOSデバイスのデータを保護するためのベストプラクティスを紹介する。

ハードウェアを賢く選ぶ

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。