2016年06月16日 12時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティ研究者が警告iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とは

「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | iPhone | セキュリティ | 標的型攻撃


 「SandJacking」と呼ばれる新しい攻撃手口は、Jailbreak(脱獄)していない「iPhone」に対しても悪質なアプリを組み込める。最新の「iOS」バージョンもターゲットになる可能性がある。

 2016年5月末にオランダのアムステルダムで開催された「Hack In The Box(HITB)」カンファレンスにおいて、セキュリティ研究者がSandJackingのデモを行った。Appleは、この攻撃を可能にする脆弱性をまだ修正していない。

 SandJackingは、ロックを解除したiPhoneに攻撃者が物理的にアクセスし、正規のアプリを悪質なアプリに入れ替えることにより、標的となったiPhoneからサンドボックス内のデータにアクセスすることを可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news064.jpg

夏休み中の小学生のテレビ視聴は41分増、ネット動画視聴は26分増――スカパーJSAT調査
スカパーJSATは、夏休み中の小学生の生活時間についての調査を実施しました。

news021.jpg

継続的な改善でWebサイト育成、成功に近づくために必要なこと
Webサイト育成のポイントは、制作を担う部署だけでなく関係部署が連携して取り組むことに...

news019.jpg

匿名加工情報とは何か、内容まで知っている人はたった3%台――データサイエンティスト協会調査
一定のルールの下であれば本人の同意がなくても利用できる匿名加工情報ですが、現状では...