2016年06月16日 12時00分 公開
特集/連載

iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とはセキュリティ研究者が警告

「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。

[Peter Loshin,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | iPhone | セキュリティ | 標的型攻撃


 「SandJacking」と呼ばれる新しい攻撃手口は、Jailbreak(脱獄)していない「iPhone」に対しても悪質なアプリを組み込める。最新の「iOS」バージョンもターゲットになる可能性がある。

 2016年5月末にオランダのアムステルダムで開催された「Hack In The Box(HITB)」カンファレンスにおいて、セキュリティ研究者がSandJackingのデモを行った。Appleは、この攻撃を可能にする脆弱性をまだ修正していない。

 SandJackingは、ロックを解除したiPhoneに攻撃者が物理的にアクセスし、正規のアプリを悪質なアプリに入れ替えることにより、標的となったiPhoneからサンドボックス内のデータにアクセスすることを可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...