iPhone安全神話崩壊か、悪質極まる「SandJacking」攻撃の手口とはセキュリティ研究者が警告

「SandJacking」という攻撃手口が出現した。これは攻撃者が「iOS」端末に物理的にアクセスし、悪質なアプリをインストールすることを可能にするというものだ。

2016年06月16日 12時00分 公開
[Peter LoshinTechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | iPhone | セキュリティ | 標的型攻撃


 「SandJacking」と呼ばれる新しい攻撃手口は、Jailbreak(脱獄)していない「iPhone」に対しても悪質なアプリを組み込める。最新の「iOS」バージョンもターゲットになる可能性がある。

 2016年5月末にオランダのアムステルダムで開催された「Hack In The Box(HITB)」カンファレンスにおいて、セキュリティ研究者がSandJackingのデモを行った。Appleは、この攻撃を可能にする脆弱性をまだ修正していない。

 SandJackingは、ロックを解除したiPhoneに攻撃者が物理的にアクセスし、正規のアプリを悪質なアプリに入れ替えることにより、標的となったiPhoneからサンドボックス内のデータにアクセスすることを可能にする。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...