2016年06月01日 12時00分 公開
特集/連載

欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由POSマルウェア「Pro POS」を考察

POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。

[Nick Lewis,TechTarget]

関連キーワード

POS | Cisco Systems | 脆弱性 | セキュリティ対策


POSシステム 攻撃者の魔の手はPOSシステムにも《クリックで拡大》

 最近広まったPOS(販売時点情報管理)システムを狙ったマルウェアの一種「Pro POS」は、攻撃者にとって入手や利用が非常に容易で、専門家が当初考えたよりもはるかに洗練度が低い――。Cisco Systemsのセキュリティ研究者が発見した事実だ。

 Pro POSは単純であるにもかかわらず、なぜ企業は感染を防げなかったのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...