欠陥だらけの「POSレジ攻撃ウイルス」が感染を広げた2つの理由POSマルウェア「Pro POS」を考察

POSマルウェアである「Pro POS」は欠陥だらけであることが専門家の調べで分かった。にもかかわらず、Pro POSの攻撃が成功してしまう理由とは何か。どうすれば防げるのか。

2016年06月01日 12時00分 公開
[Nick LewisTechTarget]

関連キーワード

POS | Cisco Systems | 脆弱性 | セキュリティ対策


POSシステム 攻撃者の魔の手はPOSシステムにも《クリックで拡大》

 最近広まったPOS(販売時点情報管理)システムを狙ったマルウェアの一種「Pro POS」は、攻撃者にとって入手や利用が非常に容易で、専門家が当初考えたよりもはるかに洗練度が低い――。Cisco Systemsのセキュリティ研究者が発見した事実だ。

 Pro POSは単純であるにもかかわらず、なぜ企業は感染を防げなかったのか。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...