2013年05月14日 08時00分 公開
特集/連載

専用端末の半額、「iPhoneのPOS端末化」を加速する3大トレンド2013 Japan IT Week 春リポート(スマートデバイス編)

スマートデバイスをPOS端末として使いたい――。こうしたニーズに応える製品/サービスが充実しつつある。「2013 Japan IT Week 春」で展示されていた注目製品を紹介しよう。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 iPhone/iPadやAndroid端末といったスマートデバイスをPOS端末として利用する動きが広がりつつある。専用端末と比べてコストを抑えたり、設置面積を減らしたりすることができる点が強みだ。2013年5月8日〜10日の3日間、東京ビッグサイトで開催された「2013 Japan IT Week 春」でも、スマートデバイスのPOS端末化を支援する製品/サービスの展示が充実していた。本稿は、その中から注目すべき製品/サービスをピックアップして紹介する。

 スマートフォン&モバイルEXPOの展示内容からは、スマートデバイスのPOS端末化を取り巻くトレンドとして以下の3点が見えてくる。

  • 顧客管理、在庫管理システムとの統合や連携
  • マルチリーダー化
  • 特殊要件への対処

 以下、それぞれのトレンドごとに代表例となる展示内容を紹介する。

トレンド1:顧客管理、在庫管理システムとの統合や連携

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。