2013年05月13日 13時30分 公開
ニュース

「効率よく、簡単に」――スマートデバイス業務アプリ開発の共通点NEWS

スマートデバイスの業務アプリ開発のトレンドは「効率よく、簡単に」。スマートフォン&モバイルEXPOのアプリ開発支援ゾーンで共通するテーマだ。本稿では注目の展示3点を紹介する。

[村上万純,TechTargetジャパン]

 2013年5月8日〜10日に、スマートフォンなどのスマートデバイスに関する展示会「スマートフォン&モバイルEXPO」が東京ビッグサイトで開催された。本稿では、企業向けのアプリケーション(アプリ)開発支援ツールを提供する3社の展示内容を紹介する。

 共通するのは、「効率よく、簡単なアプリ開発環境の提供」。エンドユーザーに歩み寄った形で、それぞれの商品が設計されている。

誰でも簡単に本格的なモバイルアプリを開発

 アシアルの「Monaca」は、HTML5で本格的なモバイルアプリが作成できる開発プラットフォームだ(写真1)。HTML5とJavaScriptのハイブリッド開発が可能で、Webブラウザさえあれば誰でもすぐにアプリ開発を行えるという。アプリ開発に必要なビルドツールやストレージなどは全てSaaSとして提供するので、開発環境のセットアップが必要ないことが強みだ。

写真 写真1:Monacaの開発画面。開発に必要なツールは全てSaaSとして提供する《クリックで拡大》

 現在はiOS/Androidアプリ開発がメインで、開発事例としてアシックスやテレビ朝日などがある。「今後はTizenやFirefox OSといった新しいモバイルOSに対応する可能性もある」(同社エンジニアの宇都宮 諒氏)

 現在はβ版を提供している。正式提供の際にはβ版と同様の機能を無償提供するのに加え、「コラボレーション機能」「バージョン管理機能」「CMS連携機能」を有償提供する。3機能の価格は、1アカウントにつき月額数千円を予定している。

ドラッグ&ドロップで簡単にアプリを作成

 ファイルメーカーが展示していたのは、データベースアプリ開発ツール「FileMaker Pro 12 Advanced」。同社が提供している「FileMaker Pro 12」の機能に加え、ワンクリックで仕様書を作成できる「データベースデザインレポート」や、全ての操作をタッチパネルアクションにする「Kiosk Maker」などの機能を追加した。

 「Microsoft Excel」などの表形式のデータファイルを専用ツールで変換することで、簡単にデータベースアプリを開発できるのが特徴だ。データベースアプリのユーザーインタフェースは、標準テーマから選択したり、ボタンやフィールドといった要素をドラッグ&ドロップするだけで手軽に変更できる(写真2)。1つのデータベースアプリケーションごとに複数の端末でデータを共有する機能も持つ。

写真 写真2:FileMaker Pro 12 Advancedは、ドラッグ&ドロップといった簡単な操作でユーザーインタフェースを変更できる

 iOS向けには、App Storeで無料ダウンロードできる専用クライアントソフトウェア「FileMaker Go 12」も提供している。丸友青果は同アプリを活用し、iPadによる伝票業務の効率化を図った。

 「FileMaker Pro 12」は、最小5台の端末ライセンスから購入可能で、VLA(ボリュームライセンスアグリーメント)では17万1000円(1台当たり3万4200円)からとなっている。

業務手順書からアプリを作成

 キーウェアサービスが展示していたのは、業務手順書(フローチャート)からアプリを作成するサービス「ValuePocket for mE」。スマートデバイス向けのビジネスアプリ開発環境をSaaSとして提供している。データ入力用のスマートデバイス向けアプリと、入力されたデータを管理するSaaS形式のアプリを開発できる(写真3)。

写真 写真3:ValuePocket for mEを利用したアプリ開発の手順

 ValuePocket for mEの特徴は、「紙ベースでも口頭ベースでも、明確な業務手順が存在すればアプリ化が可能なこと」だと同社はアピールする。ユーザー側で業務手順が定まっていなければ、同社がヒアリングを基に業務手順書を作成する。競合製品は大企業を顧客に持つグループウェアで、ValuePocket for mEは低価格・小規模で手軽に利用できる点で差異化を図る。

 価格(全て税別)は初期導入費が5万円で、アプリケーション管理費が月額1万円。加えて1ユーザー1コンテンツ当たり月額200円が掛かる。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...