2014年11月28日 12時00分 公開
特集/連載

IT部門が利用できるiPhone/iPad管理機能の全て「iOS」アプリ間のデータ共有を制限

米Appleの「iOS」向け管理機能「Open-in制御」は、アプリを隔離することによってIT管理者が社内データの共有を制限することを可能にする。これはiOSに組み込まれた基本的なモバイルアプリケーション管理(MAM)機能である。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Appleがセキュリティ向上のために「iOS 7」から取り入れた管理機能「Open-in制御」(データの開き方の管理)を利用すれば、IT部門はiOS用アプリからアクセスするデータを厳格に管理できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...