IT部門が利用できるiPhone/iPad管理機能の全て「iOS」アプリ間のデータ共有を制限

米Appleの「iOS」向け管理機能「Open-in制御」は、アプリを隔離することによってIT管理者が社内データの共有を制限することを可能にする。これはiOSに組み込まれた基本的なモバイルアプリケーション管理(MAM)機能である。

2014年11月28日 12時00分 公開
[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Appleがセキュリティ向上のために「iOS 7」から取り入れた管理機能「Open-in制御」(データの開き方の管理)を利用すれば、IT部門はiOS用アプリからアクセスするデータを厳格に管理できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...