2014年11月28日 12時00分 公開
特集/連載

IT部門が利用できるiPhone/iPad管理機能の全て「iOS」アプリ間のデータ共有を制限

米Appleの「iOS」向け管理機能「Open-in制御」は、アプリを隔離することによってIT管理者が社内データの共有を制限することを可能にする。これはiOSに組み込まれた基本的なモバイルアプリケーション管理(MAM)機能である。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 米Appleがセキュリティ向上のために「iOS 7」から取り入れた管理機能「Open-in制御」(データの開き方の管理)を利用すれば、IT部門はiOS用アプリからアクセスするデータを厳格に管理できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

Pinterestが提供する広告主とクリエイターの協業の仕組み「アイデアアド」とは?
没入型全画面で複数の動画や画像を1つのアイデアとして表示した「アイデアピン」をブラン...

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...