無謀? iPhone 4SにiOS 8.1をインストールしてみたらネックはストレージの容量だけ

米Appleの旧機種「iPhone 4S」に「iOS 8.1」を入れるのは不安だという声は確かにあるが、実際に試してみたところ、その組み合わせは安全かつ実用的であることが分かった。

2014年11月24日 09時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

iPhone | iOS | iPad | Apple


 「iOS 8」のリリース直後には不具合を報じる記事が飛び交った。幸い、大きな問題の大部分はiOS 8.1で修正されている。

 現在のiOS 8.1が完璧というわけではない。ただ、普段使うのに支障があるような問題はなさそうだ。

 簡単にいえば、iOS 8.1をインストールしたせいで「iPhone」のパフォーマンスが著しく悪化したりはしない。実際のところ、「iPhone 4S」は発売から3年もたっており、最新モデルの「iPhone 6」並みの超高速は無理だが、iOS 8.1を入れてもそれなりに許容可能なスピードを維持できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...