2014年11月24日 09時00分 公開
特集/連載

無謀? iPhone 4SにiOS 8.1をインストールしてみたらネックはストレージの容量だけ

米Appleの旧機種「iPhone 4S」に「iOS 8.1」を入れるのは不安だという声は確かにあるが、実際に試してみたところ、その組み合わせは安全かつ実用的であることが分かった。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | iOS | iPad | Apple


 「iOS 8」のリリース直後には不具合を報じる記事が飛び交った。幸い、大きな問題の大部分はiOS 8.1で修正されている。

 現在のiOS 8.1が完璧というわけではない。ただ、普段使うのに支障があるような問題はなさそうだ。

 簡単にいえば、iOS 8.1をインストールしたせいで「iPhone」のパフォーマンスが著しく悪化したりはしない。実際のところ、「iPhone 4S」は発売から3年もたっており、最新モデルの「iPhone 6」並みの超高速は無理だが、iOS 8.1を入れてもそれなりに許容可能なスピードを維持できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...