従業員のスマホ紛失で困らないための次の一手、モバイル資産管理とは?モバイルデバイス管理の可視性がさらに向上

会社支給や私物利用を問わず、モバイルデバイスの業務利用が拡大している。端末紛失などによるリスクを最小限に抑えるために欠かせない適切な管理手法を探る。

2014年11月27日 12時00分 公開
[Craig Mathias,TechTarget]

 モバイル資産管理を行うと、IT部門は、従業員のスマートフォンとタブレットの使用状況について詳細な洞察を得ることができる。例えば、デバイスの所有者やデバイスの状態などを把握することが可能だ。モバイル資産管理は、モバイルデバイス管理(MDM)の強力な相棒になる。

 職場に持ち込まれ、社内ネットワークにアクセスするモバイルデバイスの数は増加している。このため、企業がモバイルデバイスのアクセスを制御して監視できることは重要になっている。誕生して間もないながらも、このニーズに応えてくれるのが、モバイル資産管理ツールだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。