2008年10月06日 15時51分 公開
ニュース

ベリングポイントがiPhone 3Gを約1000台導入、常駐コンサルタントの業務環境改善へNEWS

客先のコンサルタントのワークスタイル改革を目指し、データ通信カード+携帯電話をiPhone 3Gに切り替える。国内企業によるiPhone大量導入事例としては初のケース。

[TechTargetジャパン]

 コンサルティングベンダーのベリングポイントは10月6日、業務用携帯電話として「iPhone 3G」(アップル製)を約1000台導入すると発表した。ユーザー企業によるiPhone 3Gの大口導入は同社が第1号になるという。

 ベリングポイントでは、これまでも顧客企業に常駐するコンサルタントに高速データ通信カードと携帯電話を配布してモバイルコンピューティングによる業務環境改善を図ってきたが、今回業務用端末をソフトバンクモバイルのスマートフォンであるiPhone 3Gに一新。これにより、「いつでもどこでもPC並みの環境を確保し、場所を選ばないワークスタイルをさらに深化させる」のが狙いだとしている。

 さらに同社では、今回の端末導入のノウハウを生かし、今後顧客にiPhone 3Gを利用した業務改革を提案していくことを検討しているという。米国ではiPhone 3G向けにさまざまな業務アプリケーションが開発されており、国内での展開も見込む。

関連ホワイトペーパー

iPhone | 携帯電話 | データ通信 | Apple | 無線LAN | 業務改善


ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。