2013年06月21日 08時00分 公開
特集/連載

医療現場で役立つ“ちょっと便利”なiPad/iPhone用アプリ専門用語の検索や基礎代謝量の計算など

医療現場で急速に普及するiPhone/iPad。App Storeに登録されている4000種類以上の医療関連アプリの中から、医療現場で役に立つアプリを幾つか紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 医療の現場に急速に普及しつつあるスマートデバイス。中でも「米国の内科医の75%がiPhoneやiPad、あるいはiPodなどApple製品を所有している」という調査結果があるなど、iPhone/iPadの利用ニーズは高い(関連記事:内科医の75%がAppleユーザー 米国医療機関注目のiPhone/iPad管理ツール)。その人気は、App StoreにiPad/iPhone用の医療関連アプリケーションが4000種類以上登録されていることからも分かる。医療関連アプリの種類は、電子カルテやDICOM画像などのビュワーから診断支援ツール、医学文献の情報検索、用語辞典など多岐にわたる。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。