2013年06月21日 08時00分 公開
特集/連載

医療現場で役立つ“ちょっと便利”なiPad/iPhone用アプリ専門用語の検索や基礎代謝量の計算など

医療現場で急速に普及するiPhone/iPad。App Storeに登録されている4000種類以上の医療関連アプリの中から、医療現場で役に立つアプリを幾つか紹介する。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 医療の現場に急速に普及しつつあるスマートデバイス。中でも「米国の内科医の75%がiPhoneやiPad、あるいはiPodなどApple製品を所有している」という調査結果があるなど、iPhone/iPadの利用ニーズは高い(関連記事:内科医の75%がAppleユーザー 米国医療機関注目のiPhone/iPad管理ツール)。その人気は、App StoreにiPad/iPhone用の医療関連アプリケーションが4000種類以上登録されていることからも分かる。医療関連アプリの種類は、電子カルテやDICOM画像などのビュワーから診断支援ツール、医学文献の情報検索、用語辞典など多岐にわたる。

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...