2014年12月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

IBMとの業務提携は何を生み出す?iPhone導入企業が激増か、それでもAppleのビジネス市場開拓を心配する人々

IBMとの業務提携はまだ成果が具体化していないが、Appleはこの提携を通じて自社製品を企業に売り込みたい考えだ。ただし、Appleが十分なサポートやサービスを提供するのかどうかはまだ定かではない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]
tt_yo_Apple.jpg

 米Appleの製品は既に企業市場に浸透し、企業市場での需要拡大に向けた各種の取り組みも図られている。にもかかわらず、Appleによる企業向けサポートとサービスについては賛否が分かれている。

 伝えられるところでは、Appleは専用の営業担当者と開発担当者を配し、主要企業への製品やサービスの売り込みを強めているという。これは米IBMとの提携に伴う動きだ。だが、両社が提携発表の際に約束した、業界に特化した100種類に及ぶ企業向けiOSアプリはまだ1つも提供されていない。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


Appleが企業市場で成功するための必須条件

ITmedia マーケティング新着記事

news025.jpg

Criteo、Facebook、Googleショッピング広告が人気――フィードフォース「データフィード利用状況調査2019」
データフィードを活用している企業が利用する人気の媒体(フィード送信先)やその推移、...

news017.jpg

「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なことと...

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...