2014年07月14日 08時00分 公開
特集/連載

充実してほしい「iOS」のビジネス向け機能これがあれば「iPhone」がもっと便利に、Appleに勧めたい新機能要望リスト

間近に迫ったiOS 8のリリースによって、ビジネス市場へ歩みを進めているAppleだが、企業の全てのニーズを満たすためには、まだやるべきことがある。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iOS | Windows | Android | iPhone


 米Appleは、モバイルOS周辺のセキュリティと管理の問題に対処するための措置を、段階的に講じてきた。2014年6月に開催されたAppleの開発者向けカンファレンス「Worldwide Developers Conference 2014」(WWDC 2014)では、基調講演で企業向けのセクションを設けたほどだ。「iOS 8」になれば、企業はAppleデバイスを管理するための手段を、これまで以上に多く手に入れられるだろう。

 しかしながら、IT担当者にとっての幾つかの悩みの種にはまだ手付かずだ。AppleはiOS 8で、Appleデバイス間のWi-Fi接続経由でファイルの共有を可能にする「AirDrop」関連の機能を強化する予定だが、それだけではまだ不十分なことが幾つかある。

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。