2014年05月29日 15時00分 公開
特集/連載

「iPad」が画面分割に対応したら何が便利になる? 「iOS 8」で実装のうわさWWDCで正式発表の可能性

「iPad」に複数アプリを同時表示する画面分割機能が搭載されれば、利便性が大幅に向上する。同社は、6月2日(米国時間)開催のWWDCで「iOS 8」を発表し、画面分割はその目玉機能の1つになると見込まれている。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPad | OS | Apple | iOS | スマートデバイス | タブレット


 米Appleの「iPad」は、極めて便利なタブレット製品の1つである。世代を重ねるにつれて、性能はますます向上している。しかしながら、欠点がないわけではない。例えば、複数アプリを並べて同時に表示することができない。ただ、この点については、間もなく機能改善されるかもしれない。

 米Microsoftのモバイルデバイスでは、既に画面分割(スプリットスクリーン)のマルチタスクに対応している。韓国Samsungは「Android」に修正を加え、画面分割機能を多くの自社タブレット製品に搭載している。MicrosoftとSamsungの両社は、複数アプリを並べて同時表示することのできないiPadをテレビ広告で批判している。

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...

news061.jpg

SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げ...

news057.jpg

イーロン・マスク氏のTwitter買収に関する言い分、鵜呑みにしていいのか?
イーロン・マスク氏がTwitterを買収する理由として掲げる「言論の自由」が意味するものと...