2017年09月28日 05時00分 公開
特集/連載

iPhoneが待望のNFC対応、IoTの世界を一変させる理由「iOS 11」でApple Pay以外にもNFCを開放

「iOS 11」以降はNFCタグの読み取りが可能になる。スマートフォンを持つユーザーの大多数がNFCタグを読み取れるようになることで、IoTの世界はどう進化するだろうか。

[Paula Hunter,TechTarget]

関連キーワード

OS | Apple | iPhone | iOS


iOS 11 iOS 11《クリックで拡大》

 Appleの「iOS 11」が2017年9月に公開され、AndroidとiOSのアプリ開発者にとって、NFC(近距離無線通信)タグを読み取れるアプリの開発とイノベーションのチャンスがもたらされた。モノのインターネット(IoT)のデバイスが激増する可能性(2020年までに360億ものIoTデバイスが使用されると予測するアナリストもいる)と相まって、近いうちにIoTとNFCアプリの本格的な普及が起きるかもしれない。

革新のチャンス

 IoT革命に後押しされ、NFCはWi-FiやBluetoothと並ぶ水平型技術として採用が進んでいる。今回、AppleのiOSがNFCタグをサポートしたことにより、「iPhone 7」とそれ以降のiPhoneで、Android端末と同じようにNFCタグの読み取りが可能になる。

 つまり、スマートフォンを持つユーザーの大多数(世界の人口のほぼ3分の1に当たる20億人以上)がNFCリーダーを持ち歩いて、いつでもどこにいてもNFCタグと相互通信したり、IoTデバイスの制御や操作ができるようになったりする。

1.北米におけるIoT、NFCタグの普及

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。