iPhoneが待望のNFC対応、IoTの世界を一変させる理由「iOS 11」でApple Pay以外にもNFCを開放

「iOS 11」以降はNFCタグの読み取りが可能になる。スマートフォンを持つユーザーの大多数がNFCタグを読み取れるようになることで、IoTの世界はどう進化するだろうか。

2017年09月28日 05時00分 公開
[Paula HunterTechTarget]

関連キーワード

OS | Apple | iPhone | iOS


iOS 11 iOS 11《クリックで拡大》

 Appleの「iOS 11」が2017年9月に公開され、AndroidとiOSのアプリ開発者にとって、NFC(近距離無線通信)タグを読み取れるアプリの開発とイノベーションのチャンスがもたらされた。モノのインターネット(IoT)のデバイスが激増する可能性(2020年までに360億ものIoTデバイスが使用されると予測するアナリストもいる)と相まって、近いうちにIoTとNFCアプリの本格的な普及が起きるかもしれない。

革新のチャンス

 IoT革命に後押しされ、NFCはWi-FiやBluetoothと並ぶ水平型技術として採用が進んでいる。今回、AppleのiOSがNFCタグをサポートしたことにより、「iPhone 7」とそれ以降のiPhoneで、Android端末と同じようにNFCタグの読み取りが可能になる。

 つまり、スマートフォンを持つユーザーの大多数(世界の人口のほぼ3分の1に当たる20億人以上)がNFCリーダーを持ち歩いて、いつでもどこにいてもNFCタグと相互通信したり、IoTデバイスの制御や操作ができるようになったりする。

1.北米におけるIoT、NFCタグの普及

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...