2020年11月22日 10時00分 公開
特集/連載

「iPhone 12」購入の決定的理由は「5Gが使える」ではない?“価格ほぼ据え置き”が物語ること

Appleの「iPhone 12」は「5G」を使った通信が可能になったことが特徴だ。スマートフォンの買い手にとって、5Gが使えることはiPhone 12購入の原動力になるのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone


 Appleはスマートフォン「iPhone」の最新モデル「iPhone 12」で、通信会社が「5G」(第5世代移動通信システム)を活用したサービスを提供しやすくするための顧客層を築こうとしている。

 このほどAppleが発表したiPhone 12は、それまでのiPhoneより大幅に高速化したSoC(機能統合型半導体チップ)の「A14 Bionic」を搭載する。加えて上位モデルの「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」は、「AR」(拡張現実)アプリケーション向けスキャナー「LiDAR Scanner」(LiDARスキャナ)を備える。

 A14 BionicやLiDARスキャナといった要素は印象的で、5Gを使ったサービスの開発者にとっても魅力だ。一方でスマートフォンの買い手が古い機種の代替としてiPhone 12を検討する際、これらの要素はどれほど魅力的なのか。

iPhone 12の見どころは5Gではない?

ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。