2020年11月21日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Workspace」は「G Suite」からどう進化したのか「Microsoft Teams」との競争力を高めるGoogle

Googleはオフィススイートの「G Suite」を「Google Workspace」として刷新した。Google WorkspaceはG Suiteと何が違うのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

関連キーワード

Google | Gmail | オフィススイート | Web会議


 Googleはオフィススイート「G Suite」の名称を「Google Workspace」に変更し、一部機能を刷新した。Google Workspaceは、プロジェクトチームのメンバー同士がプレゼンテーション用のスライドなどのドキュメントを作成しながら、リアルタイムでコラボレーションできる設計になっている。

 エンドユーザーはGoogle Workspaceを利用することで、ドキュメントを作成したり、カレンダーを操作したりしながら、同じ画面でチャットやWeb会議によるコラボレーションができるようになる。Googleは段階的にGoogle Workspaceの機能を提供する。Google Workspace担当ゼネラルマネジャーのハビエル・ソルテロ氏はブログの中で「あらゆることをこなすために必要な全てが1カ所にそろう」と説明する。

図版 Google Workspaceは、ビデオ会議でコラボレーションしながらドキュメントやスライドを作成できる《クリックで拡大》

Google WorkspaceとG Suiteの気になる違い

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...