「Google Workspace」は「G Suite」からどう進化したのか「Microsoft Teams」との競争力を高めるGoogle

Googleはオフィススイートの「G Suite」を「Google Workspace」として刷新した。Google WorkspaceはG Suiteと何が違うのか。

2020年11月21日 05時00分 公開
[Maxim TamarovTechTarget]

関連キーワード

Google | Gmail | オフィススイート | Web会議


 Googleはオフィススイート「G Suite」の名称を「Google Workspace」に変更し、一部機能を刷新した。Google Workspaceは、プロジェクトチームのメンバー同士がプレゼンテーション用のスライドなどのドキュメントを作成しながら、リアルタイムでコラボレーションできる設計になっている。

 エンドユーザーはGoogle Workspaceを利用することで、ドキュメントを作成したり、カレンダーを操作したりしながら、同じ画面でチャットやWeb会議によるコラボレーションができるようになる。Googleは段階的にGoogle Workspaceの機能を提供する。Google Workspace担当ゼネラルマネジャーのハビエル・ソルテロ氏はブログの中で「あらゆることをこなすために必要な全てが1カ所にそろう」と説明する。

図版 Google Workspaceは、ビデオ会議でコラボレーションしながらドキュメントやスライドを作成できる《クリックで拡大》

Google WorkspaceとG Suiteの気になる違い

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...