2020年11月21日 05時00分 公開
特集/連載

「Google Workspace」は「G Suite」からどう進化したのか「Microsoft Teams」との競争力を高めるGoogle

Googleはオフィススイートの「G Suite」を「Google Workspace」として刷新した。Google WorkspaceはG Suiteと何が違うのか。

[Maxim Tamarov,TechTarget]

関連キーワード

Google | Gmail | オフィススイート | Web会議


 Googleはオフィススイート「G Suite」の名称を「Google Workspace」に変更し、一部機能を刷新した。Google Workspaceは、プロジェクトチームのメンバー同士がプレゼンテーション用のスライドなどのドキュメントを作成しながら、リアルタイムでコラボレーションできる設計になっている。

 エンドユーザーはGoogle Workspaceを利用することで、ドキュメントを作成したり、カレンダーを操作したりしながら、同じ画面でチャットやWeb会議によるコラボレーションができるようになる。Googleは段階的にGoogle Workspaceの機能を提供する。Google Workspace担当ゼネラルマネジャーのハビエル・ソルテロ氏はブログの中で「あらゆることをこなすために必要な全てが1カ所にそろう」と説明する。

図版 Google Workspaceは、ビデオ会議でコラボレーションしながらドキュメントやスライドを作成できる《クリックで拡大》

Google WorkspaceとG Suiteの気になる違い

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...