2015年11月12日 07時30分 公開
特集/連載

「社内にiPhone、iPad、Macがあふれる未来」にかけるAppleの新成長戦略個人向けの次は法人向け市場(1/2 ページ)

決算報告では右肩上がりのApple。iPhone 6s/6s Plusも好調だが、さらなる成長のためには法人向け市場での普及が必須だ。Apple製品に慎重な法人ユーザーの対抗策としてAppleは二大メーカーと手を組んだ。

[Ramin Edmond,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iPad | IBM(アイ・ビー・エム) | Mac


Photo 口コミ的には苦戦している印象だが数字的には過去最高の販売数となったiPhone 6s

 米Appleは、このほど行った決算発表で、法人市場を通じて一層の成長を目指す戦略にスポットを当てた。2015年度第4四半期の売り上げは前年同期比22%増で過去最高の約515億ドル、利益は約111億ドルだった。2015年度通期の売り上げは前年比27%増の2337億ドル、利益は約534億ドルを計上した。

 米サンフランシスコで2015年9月末に開かれた米Boxのカンファレンス「BoxWorks 2015」で明らかにした通り、AppleのCEOティム・クック氏は、エンタープライズ関連事業が過去1年間で前年より40%多い年間約250億ドルの年商を上げていると説明した(関連記事:Apple ティム・クックCEOが語ったビジネス向けモバイルの“衝撃”)。同氏は、エンタープライズ関連事業を「未来へ向けた一大成長分野」と位置付けているように、モバイルエンタープライズにおけるiOS搭載デバイスの普及を今後の成長を実現するための切り札と考えている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...