徹底レビュー:「iPhone 6s」の突き抜けた進化、「3D Touch」の底知れぬ可能性とはこれだけあるアップグレードの理由(1/3 ページ)

優れたパフォーマンスに加え、感圧式タッチスクリーンや1200万画素のカメラといった新機能のおかげで、「iPhone 6s」は、これまでのiPhoneの中で最高のモデルとなっている。

2015年10月12日 09時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | iOS | iPad


iPhone 6s《クリックで拡大、以下同じ》

 iPhoneシーズンがやって来た。米Appleから毎年この時期に届けられるiPhoneの新モデル。2015年の新顔は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」だ。本稿ではiPhone 6sを徹底レビューする。

 iPhone 6sは、2014年発売の「iPhone 6」を全面的に設計し直したものではないが、進化を遂げている。「iOS 9」の初搭載も進化の1つだが、最も重要な新機能は「3D Touch」と「Live Photos」だ。Appleはこれらの機能が、膨大なユーザーにこの新モデルへのアップグレードを促すのに一役買うと期待している。高速なプロセッサと大容量のRAMも、アップグレードの理由になりそうだ。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...