2015年10月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

これだけあるアップグレードの理由徹底レビュー:「iPhone 6s」の突き抜けた進化、「3D Touch」の底知れぬ可能性とは (1/3)

優れたパフォーマンスに加え、感圧式タッチスクリーンや1200万画素のカメラといった新機能のおかげで、「iPhone 6s」は、これまでのiPhoneの中で最高のモデルとなっている。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | iOS | iPad


ik_tt_01.jpg iPhone 6s《クリックで拡大、以下同じ》

 iPhoneシーズンがやって来た。米Appleから毎年この時期に届けられるiPhoneの新モデル。2015年の新顔は「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」だ。本稿ではiPhone 6sを徹底レビューする。

 iPhone 6sは、2014年発売の「iPhone 6」を全面的に設計し直したものではないが、進化を遂げている。「iOS 9」の初搭載も進化の1つだが、最も重要な新機能は「3D Touch」と「Live Photos」だ。Appleはこれらの機能が、膨大なユーザーにこの新モデルへのアップグレードを促すのに一役買うと期待している。高速なプロセッサと大容量のRAMも、アップグレードの理由になりそうだ。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...