2015年07月14日 08時00分 公開
特集/連載

「iPad」登場から5年 変わった仕事と、やっぱりそのままな仕事キーボードはまだ必要ですか?

「iPad」が登場して5年が過ぎ、仕事にタブレットを使うことも一般化した。仕事におけるタブレットの可能性をあらためて考えてみよう。

[Matt Schulz,TechTarget]
タブレットの定番として人気を集める「iPad」《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad」や韓国Samsung Electronicsの「Galaxy Tab」のような人気のあるデバイスが市場に登場してから、およそ5年が経過した。タブレットは、私が最も仕事に使用するデバイスになった。しかし実際のところ、タブレットはある仕事に対しては良いツールだが、別の仕事にはそれほど良いツールではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

B2BサービスサイトにおけるCVの58%はトップページからの直行――WACUL調査
CV(コンバージョン)を目的としたWebサイトの改善に必要な施策とは何か。4つのデータに...

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...