「iPad」登場から5年 変わった仕事と、やっぱりそのままな仕事キーボードはまだ必要ですか?

「iPad」が登場して5年が過ぎ、仕事にタブレットを使うことも一般化した。仕事におけるタブレットの可能性をあらためて考えてみよう。

2015年07月14日 08時00分 公開
[Matt SchulzTechTarget]
タブレットの定番として人気を集める「iPad」《クリックで拡大》

 米Appleの「iPad」や韓国Samsung Electronicsの「Galaxy Tab」のような人気のあるデバイスが市場に登場してから、およそ5年が経過した。タブレットは、私が最も仕事に使用するデバイスになった。しかし実際のところ、タブレットはある仕事に対しては良いツールだが、別の仕事にはそれほど良いツールではない。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...