2016年09月03日 07時00分 UPDATE
特集/連載

モバイルOSの違いだけではない「iPhone」「iPad」一択では間違う、迷うほどあるビジネス向けモバイル端末の見極め方 (1/2)

IT担当者は、モバイルデバイスをビジネス活用する場合、各モバイルOSの違いだけでなく、山ほどあるモバイルデバイスを把握する必要がある。最適なビジネス向けモバイルデバイスについて検証する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
BlackBerryの「BlackBerry Priv」公式Webページ《クリックで拡大》

 従業員は仕事でもプライベートと同じモバイルデバイスを使用することを望んでいる。そのため、IT担当者は各種モバイルデバイスを把握して、企業で使用するのに適しているデバイスを理解する必要に迫られている。

 だが調査対象となるデバイスは山ほどある。IT担当者は各モバイルOSの違いについて理解するだけでなく、各OSを搭載しているデバイスの中で業務使用に耐えられるものを把握しなければならない。Appleの時計型ウェアラブルデバイス「Apple Watch」について見てみよう。リリース時には大きく騒がれたApple Watchだが、果たして企業で使用する価値はあるのだろうか。現時点では、Apple WatchはAppleのスマートフォン「iPhone」やタブレット「iPad」の補助デバイスでしかない。またApple WatchとiPhoneやiPadの間でやりとりされる情報をハッカーに傍受される可能性もあり、セキュリティが懸念されている。

 本稿では、Appleのスマートフォン「iPhone SE」や9.7インチのタブレット「iPad Pro」、GoogleのモバイルOS「Android」を搭載したBlackBerryのデバイスなど、企業向けのモバイルデバイスについて詳しく解説する。

iPhone SEとiPad Proは流行るのか

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。

news068.jpg

SaaS化が加速するコンタクトセンター/コンタクトセンターの現在―矢野経済研究所調べ
国内のコールセンターサービス市場およびコンタクトセンターソリューション市場について...

news045.jpg

ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。