2016年06月08日 07時00分 UPDATE
特集/連載

「2016年に500万台販売」の現実味はAndroid化した「BlackBerryスマホ」が“iPhone超え”しそうなたった1つの根拠

「Android」への注力で起死回生を図るBlackBerry。Androidを搭載する同社の新型スマートフォンはセキュリティ機能が充実し、ビジネス用デバイスの有力候補の1つになる可能性がある。

[Jack Wallen,TechTarget]

関連キーワード

Android | OS | Google | iPhone | iOS | スマートフォン


BlackBerryはAndroidへの注力で起死回生を図る(TechTargetジャパン「悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか」より)《クリックで拡大》

 BlackBerryがGoogleのモバイルOS「Android」を採用したのには理由がある。AndroidスマートフォンとAppleの「iPhone」がスマートフォン市場を支配している現在、BlackBerryがAndroidスマートフォンで起死回生を図ろうとするのは当然の試みだ。

 実際、BlackBerryのCEOであるジョン・チェン氏は2016年1月、「この1年はAndroid搭載デバイスしか発売しない」と表明。同社の「BlackBerry OS」搭載デバイスを新たに発売する予定がないことを明らかにした。

BlackBerryのAndroidスマートフォン

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...