2016年03月03日 12時00分 公開
特集/連載

悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか気になる「BlackBerry OS」の行方

BlackBerryは、2015年11月に初のAndroid端末を発売した。それに対して「BlackBerry OS」はどうなるのだろうか。EMMベンダーとしての同社の最新状況と併せて紹介する。

[Ramin Edmond,TechTarget]
BlackBerry Priv《クリックで拡大》

 BlackBerryのGoogleが提供するOS「Android」のスマートフォン市場への参入は、業績不振の同社が多くの企業ユーザーを引きつけるのに役立ちそうだ。

 2015年11月にBlackBerryは、初のAndroid端末「BlackBerry Priv」が発売した。このことを受け、BlackBerryが独自モバイルOS「BlackBerry 10」(BB10)に完全に見切りをつけるのかどうかが取り沙汰されるようになった。同OSは市場で低迷している。ばっさり切り捨ててしまえば、BlackBerryは新興のAndroid端末ベンダーとなるとともに、強みを持つ「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品に注力できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...