悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか気になる「BlackBerry OS」の行方

BlackBerryは、2015年11月に初のAndroid端末を発売した。それに対して「BlackBerry OS」はどうなるのだろうか。EMMベンダーとしての同社の最新状況と併せて紹介する。

2016年03月03日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]
BlackBerry Priv《クリックで拡大》

 BlackBerryのGoogleが提供するOS「Android」のスマートフォン市場への参入は、業績不振の同社が多くの企業ユーザーを引きつけるのに役立ちそうだ。

 2015年11月にBlackBerryは、初のAndroid端末「BlackBerry Priv」が発売した。このことを受け、BlackBerryが独自モバイルOS「BlackBerry 10」(BB10)に完全に見切りをつけるのかどうかが取り沙汰されるようになった。同OSは市場で低迷している。ばっさり切り捨ててしまえば、BlackBerryは新興のAndroid端末ベンダーとなるとともに、強みを持つ「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品に注力できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...