2016年03月03日 12時00分 公開
特集/連載

悪手ではないBlackBerryのAndroid端末投入、管理ツールでまさかの巻き返しか気になる「BlackBerry OS」の行方

BlackBerryは、2015年11月に初のAndroid端末を発売した。それに対して「BlackBerry OS」はどうなるのだろうか。EMMベンダーとしての同社の最新状況と併せて紹介する。

[Ramin Edmond,TechTarget]
BlackBerry Priv《クリックで拡大》

 BlackBerryのGoogleが提供するOS「Android」のスマートフォン市場への参入は、業績不振の同社が多くの企業ユーザーを引きつけるのに役立ちそうだ。

 2015年11月にBlackBerryは、初のAndroid端末「BlackBerry Priv」が発売した。このことを受け、BlackBerryが独自モバイルOS「BlackBerry 10」(BB10)に完全に見切りをつけるのかどうかが取り沙汰されるようになった。同OSは市場で低迷している。ばっさり切り捨ててしまえば、BlackBerryは新興のAndroid端末ベンダーとなるとともに、強みを持つ「エンタープライズモビリティ管理」(EMM)製品に注力できるようになる。

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...