社員も会社も安心、私物スマホ活用のオキテはこう作る私物モバイル端末を仕事で使いたい!

「エンタープライズモビリティ管理(EMM)」は、個人のプライバシーと企業による制御のバランスを取る鍵となるかもしれない。EMMを導入する理由とBYODポリシーを決めるときの重要な要素とは?

2015年04月07日 08時00分 公開
[Dan SullivanTechTarget]

 「デバイス」「アプリケーションの制御」「データ」にのみ注力しているスマートデバイス戦略は、もはや十分とはいえない。そのような戦略では「ユーザー」という本質的な可変要素が取り残されているからだ。

 モバイル端末を活用したワークスタイルの管理者は、セキュリティを確保しながら、モバイル端末におけるユーザー個人のプライバシーとビジネスプロセス制御のバランスを取ることができる戦略を探し求めている。

 「エンタープライズモビリティ管理(EMM)」は、その解決策になるかもしれない。EMMは、BYODポリシーの重要な側面をカバーし、新しいレベルのアプリケーション制御を備える。「モバイルデバイス管理(MDM)」「モバイルアプリケーション管理(MAM)」「モバイル情報管理(MIM)」を使用するメリットを理解していたら、より包括的なモバイル管理アプローチを実現するEMMを検討するのがよいだろう。

EMMを導入する理由

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。