2016年09月30日 07時00分 公開
特集/連載

Appleが考える「iPhone 7とビジネス」の未来、相次ぐパートナーシップの意味は?増えるスマートフォンでできること

「iPhone 7」や「AirPods」を発売したAppleは、スマートフォンで大きくビジネスに革新をもたらせようとしている。

[Jason Sparapani,TechTarget]
iPhone 7 iPhone 7の製品写真《クリックで拡大》

 Appleが発売したイヤフォン端子のない「iPhone 7」と無線イヤフォン「AirPods」は、デバイスを他のデバイスやインターネット、人とコードレスでつなぐ未来を描き出している。サンフランシスコで開かれたAppleの発表会は、コンシューマーをターゲットとしていたが、私の念頭にあったのはビジネスにおけるモバイルの未来だった。

 Forrester Researchのアナリスト、クリストファー・ボース氏に、モバイルの未来について尋ねてみた。今から5年後、10年後、15年後、企業はどんなことのためモバイル端末を使っているのだろうか。同氏の答えは「多くのこと」だった。

 現代のスマートフォンやタブレットは主に、ニュースを読んだり買い物をしたり、友人や同僚とコミュニケーションしたりといった情報閲覧の目的で使われる。だが将来的には「トランザクション」目的での利用が増える見通しだ。

 そうした作業は複数の形態を取りえるとボース氏は言い、下記を事例として挙げた。

  • 保険査定
  • 現場の写真撮影
  • 事故査定
  • 医師による患者の診察
  • エネルギー業界の現場係員による計器読み取り

 確かにそうした業務の一部は、既にモバイル端末で実用化されている。だがForrester Researchの調査で、技術者やデザイナーといった一部の職種は「モバイルに関する対応が不十分」な実態が判明した。つまり、そうした職種で生産性を高めるためのモバイルツールが求められている。例えば、コンピュータを使った設計システムや、仕様情報の収集や顧客へのプレゼンに使えるモバイルアプリケーションが挙げられる。「法人分野では、それが次の開拓分野になる」とボース氏は言う。

Appleが描くモバイルの未来

 企業がモバイル端末の新しい業務利用法を開拓する一方で、Appleはコンシューマーにアピールする現在のやり方を続ける公算が大きい。

 「Appleに関して対コンシューマー企業という捉え方をすると話が見えにくくなるかもしれない。同社は、主にコンシューマーに重点を絞っているが、そのユーザーは仕事もする。自宅でも職場でもスマートデバイスを使う人物にアピールできれば、販売台数を増やして成長する助けになる」(ボース氏)

 iPhone 7がその伝統を継続するかどうかはまだ分からない。ヘッドフォン端子がなくなったことについてはソーシャルメディアに不満の声が殺到し、AirPodsについても同じだった。精彩を欠く反応は市場調査会社Morning Consultの調査でも裏付けられている。iPhone 7の話を聞いた人のうち68%は、「購入予定なし」と回答した。

 だが新製品の処理能力の向上や耐水、防塵性能を好意的に評価する声も多い。iPhone 7が発売されると早々と売り切れ、モデルによっては納期が11月にずれ込んでいる。手段はミステリアスだったとしても、大衆へのアピールがうまくいっているのかもしれない。

一緒の方がいい

 Nemertes Researchのアナリスト、アーウィン・レーザー氏によると、モバイルビジネスの未来におけるAppleの役割は、他の企業との提携を通じて築かれる公算が大きい。例えばIBMとの提携は、小売りや金融、旅行、医療、エネルギーといった業界向けに100本を超えるモバイルアプリケーションを生み出した。SAPとの提携ではSAPのバックオフィスシステムと連係するアプリケーションが登場した。アイケア製品を手掛けるBausch & LombやCisco Systemsとの提携も浮上している。

 「ほとんどの企業はAppleとの直接的な取引はない」とレーザー氏は指摘する。多くの企業は取引をしているSAP、Cisco、Microsoftなどの企業に目を向けて、「Appleと取引をしている各社が、Appleとうまくやっている様子」に注目しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。