5分で分かる「iOS 10」――「Safari」「Siri」の使い勝手が激変する機能とは?AppleがWWDC 2016でお披露目(1/2 ページ)

Appleは、2016年6月14日に次期モバイルOSの「iOS 10」を公開した。開発者向け年次カンファレンス「World Wide Developer Conference」(WWDC)で発表したさまざまな機能を紹介する。

2016年06月26日 07時00分 公開
[Ed HardyTechTarget]

関連キーワード

iPad | iOS | Apple | iPhone | iPad mini | Mac


Safari 「Safari」ブラウザの分割画面《クリックで拡大》

 Appleは、2016年6月14日に「iOS 10」を公開した。次期モバイルOSのバージョンであるiOS 10では、「iPad」で「Safari」のタブを2つ並べて表示できる機能や、「Siri」、ロック画面、メッセージ、ニュースなどのアプリが大幅に更新されることなどを発表した。

 「iOS 9」では、iPadで2つのアプリを並べて表示することができたものの、現時点では、同時に2つのWebページを閲覧するにはMacReconの「Sidefari」などのサードパーティーアプリをダウンロードしなければならない。iOS 10では、この制約をなくすことに加えて、iPadでメールを並べて作成できる機能を搭載するとしている。だが、実演はまだ行われていない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

天候と位置情報を活用 ルグランとジオロジックが新たな広告サービスを共同開発
ルグランとジオロジックが新たな「天気連動型広告」を共同開発した。ルグランが気象デー...

news130.jpg

“AI美女”を広告に起用しない ユニリーバ「Dove」はなぜそう決めたのか
Unilever傘下の美容ケアブランド「Dove」は、「Real Beauty」の20周年を機に、生成AIツー...

news099.png

有料動画サービス 34歳以下では過半数が利用経験、4割は1日1回以上利用
「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2024」を基に、テレビ画面での動...