2016年06月26日 07時00分 公開
特集/連載

5分で分かる「iOS 10」――「Safari」「Siri」の使い勝手が激変する機能とは?AppleがWWDC 2016でお披露目(1/2 ページ)

Appleは、2016年6月14日に次期モバイルOSの「iOS 10」を公開した。開発者向け年次カンファレンス「World Wide Developer Conference」(WWDC)で発表したさまざまな機能を紹介する。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iPad | iOS | Apple | iPhone | iPad mini | Mac


Safari 「Safari」ブラウザの分割画面《クリックで拡大》

 Appleは、2016年6月14日に「iOS 10」を公開した。次期モバイルOSのバージョンであるiOS 10では、「iPad」で「Safari」のタブを2つ並べて表示できる機能や、「Siri」、ロック画面、メッセージ、ニュースなどのアプリが大幅に更新されることなどを発表した。

 「iOS 9」では、iPadで2つのアプリを並べて表示することができたものの、現時点では、同時に2つのWebページを閲覧するにはMacReconの「Sidefari」などのサードパーティーアプリをダウンロードしなければならない。iOS 10では、この制約をなくすことに加えて、iPadでメールを並べて作成できる機能を搭載するとしている。だが、実演はまだ行われていない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...