iPhoneでのiCloud利用を制限、米Appleの「MDM API」管理項目が限られるなど課題も

iCloudを社内で勝手に利用してもらっては困る。そう考えるIT管理者は少なくないだろう。iPhoneなどのiOS端末の場合、iCloudの利用を容易に制限できる方法がある。

2012年09月25日 08時00分 公開
[Sander van Vugt,TechTarget]

 会社の環境でコンシューマーサービスを管理するのは、困難なこともある。だが米Appleのモバイルデバイス管理(MDM)用API(MDM API)を利用すれば、従業員のiOS端末からAppleのクラウドサービス「iCloud」へのアクセスをIT部門が管理できる。

 iCloudは、iOS端末とMacintoshのユーザーが自動的にバックアップを取得したり、複数の端末からデータへアクセスしたりできる便利なサービスだ。だがこれらは管理者にとって、従業員に最もしてもらいたくないことでもある。

 iPadiPhoneからiCloudへのアクセスを制限するためには、MDM製品が必要だ。サードパーティーのMDM製品は、AppleのMDM APIを介してiOS端末と通信。管理者が端末に設定をプッシュ配信して特定のポリシーを強制できる。

 MDMで端末に設定を施すプロセスは、どのベンダーの製品を利用するかによって異なる。一般的には、メーカーが提供するアプリケーション経由、またはWebポータル経由のいずれかの方法で設定する。端末の登録を済ませたら、管理者はMDM製品を使って端末の設定ができる。

 AppleのMDM APIで管理者が管理、制限できるのは、iOS端末の特定の機能に限られる(参考:AppleのiOS標準MDMでできること、できないこと)。iCloudについて管理・制限できる機能は以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。