2012年06月29日 15時00分 UPDATE
特集/連載

Appleはコンシューマーの要望を優先Apple「iOS 6」のiCloud強化に頭を抱える企業ユーザー

世界中のコンシューマーが待ち焦がれるiOS 6のリリース。だが、IT管理者にとっては頭痛の種が増えることになるかもしれない。iCloudとiOSと各種アプリケーション間の統合は何をもたらすのか?

[James Furbush,TechTarget]

 米Appleが2012年秋にリリース予定の最新モバイルOS「iOS 6」には約200種類の新機能が搭載されるが、その大半はコンシューマー向けのものだ。特にそのうちの1つは、既にBYOD(私物端末の業務利用)の問題に頭を悩ませているIT管理者にさらに大きな頭痛の種を与えることになりそうだ。

 先日のAppleの開発者向けカンファレンス「WWDC 2012」で発表された「Software Developers Kit(SDK)for iCloud」は、iCloudとiOSと各種アプリケーション間のより緊密な統合を可能にするものとなるはずだ。

 それは、エンドユーザーにとっては素晴らしいことだ。だが、メールやストレージ、データ同期といったiCloudの各種機能が大部分のiOSアプリと連携することは、企業のIT部門にとってはBYODをめぐる状況の変化を意味する。「なぜなら、常に機能性がプライバシー保護を上回ることになるからだ」と、Apple認定ソリューションプロバイダーである米Tech Superpowersの創業者マイケル・オー氏は指摘する。

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。