2018年07月07日 05時00分 公開
特集/連載

Appleは当初から否定「iPhoneのパスコードハッキング手法を発見」と専門家が主張、実は誤りだった?

パスコードハッキングによって「iPhone」の防御をかわすことができたというセキュリティ研究者の主張を、Appleが退けた。真実はどちらなのか。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]
Computer Weekly

 セキュリティ研究者でセキュリティベンダーHacker House創業者のマット・ヒッキー氏は、考え得る限りのパスコードを1つの文字列にしてデバイスに送信し、割り込み要求を発生させることによって、攻撃者がスマートフォン「iPhone」の防御をかわすことができると報告した。発生させた割り込み要求は、他の操作よりも優先され、攻撃者がAppleの安全対策を迂回(うかい)できるとヒッキー氏は伝えた。

画像

 AppleはモバイルOS「iOS」のセキュリティ機能を改善し続けている。誤ったパスコードを入力してから次のパスコードを入力できるまでの間隔を長くしたり、10回ログインに失敗するとデータを消去するオプションを加えたりしてきた。


Appleとセキュリティ専門家、正しかったのはどちらか

 ヒッキー氏は、IT情報サイト「ZDNet」に対し「1つの長い文字列でブルートフォース攻撃を仕掛けると、その文字列全てが処理され、データ消去機能がバイパスされる」と語った。

 これに対してAppleは、ヒッキー氏の主張は誤っていると反論した。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...

news089.jpg

「平成ジャンプ世代」の男女共に約8割は結婚意向あり――Pairsエンゲージ パーソナル婚活研究所調べ
「平成ジャンプ世代」とは、未婚のまま平成の30年間を飛び越えて令和を迎えた昭和生まれ...