2017年12月18日 05時00分 公開
特集/連載

iOSデバイスの23%は旧バージョンのままiPhone、iPadのiOSを最新版にアップデートしない人の言い分

最新のiOSにアップデートしていないiOSデバイスが23%を超えているという調査結果が発表された。iOSではAppleがアップデートを管理しているが、なぜこのような割合になるのだろうか。

[Matthew Pascucci,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | iPhone | iPad


iOS 11に対応したiPhone X《クリックで拡大》

 モバイルセキュリティベンダーのZimperiumが行った最新の調査で、iOSデバイスの23%が最新OSにアップデートしていないことが分かった。AppleはiOSアップデートを管理しており、管理ソフトのベンダーがアップデートをブロックできないにもかかわらず、なぜこれほど多くのデバイスが古いバージョンを使用しているのだろうか? iOSアップデートをブロックする方法が他にあるのだろうか?

 Appleが提供するOSアップデート方法は、Androidと比べて合理的といえる。これはAppleがハードとソフトの両方を支配しているからだ。Appleはパッチ適用においてさまざまなハードウェアメーカーと調整する必要はない。

 とはいえ、最新のiOSにアップデートされていないiOSデバイスがこれほどたくさんあることは多くの人にとって驚きだろう。約4分の1にのぼるiOSデバイスのアップデートが滞っているのには幾つかの理由がある。

 新しいアップデートが利用可能になっても、単にそれを利用したくない人もいる。iOSアップデートの要求がしつこく感じられる場合があっても、アップデートを遅らせたり、後で確認してインストールしたりできるようにデバイスに通知させることもできる。

 デバイスを最新バージョンにアップデートしない別の理由は、そのデバイスが最新のアップデートをサポートしていないからだ。新しくリリースされるiOSは従来の全てのデバイスと互換性があるわけではない。これはデバイスの数パーセントにすぎないが、23%の一部を占めているといえよう。

Wi-Fi接続も関係?

ITmedia マーケティング新着記事

news038.jpg

PR業界の最新潮流、インフルエンサー活用が進む――日本パブリックリレーションズ協会調べ
日本パブリックリレーションズ協会の推計によると、2018年度におけるPR業の売上高は1290...

news117.jpg

Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモ...

news032.jpg

日本の消費者はサブスクリプションにどれだけ前向きか――Zuora調べ
Zuoraが実施した世界のサブスクリプションビジネスの実態調査です。