2018年03月10日 05時00分 公開
特集/連載

iOS 11搭載の全てのデバイスに危険性?iPhoneのロックは他人が解除可能? 生体認証では守り切れない理由

Appleのデバイスが持つ認証機能は優れたセキュリティ機能のはずだが、デバイスに関係なくロック解除ができてしまうという報告が入った。デバイスの制御で守り切れない理由は“コードの流出”にあるという。

[Brian Holak,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iOS | セキュリティ


画像 ForbesのWebページより

 経済紙のForbesは、2018年2月末、CellebriteがAppleの新型「iPhone」のロック解除に成功したと報じた。Cellebriteはイスラエルを拠点とするベンダーで、米国政府の大手請負業者でもある。ITコンサルティング企業TCE StrategyのCEOブライス・オースティン氏の話では、この報道が事実だとするとAppleのセキュリティへの深刻な打撃になるという。

 「2016年2月、AppleとFBI(米連邦捜査局)の間で対立が起きた。それ以来、Appleはモバイルデバイスのセキュリティを極めて厳しくすることに躍起になってきたと思われる」と同氏は話す。

 報道によると、CellebriteはAppleの最新OS「iOS 11」を通じてデバイスに侵入する技術を考案し、この技術を世界中の法執行機関や民間の科学捜査専門家に通知しているという。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。