「iPhone」の会話を暗号化前に盗聴? 流出資料で分かったCIAの“えげつない手口”WikiLeaksいわく「史上最大の流出極秘文書」

WikiLeaksは、米中央情報局(CIA)からの新たな流出資料を公開した。「Vault 7」というコードネームで呼ばれるこの資料は、「iOS」「Android」の攻撃ツールを含む。

2017年03月15日 08時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]

関連キーワード

OS | Android | iOS | 脆弱性


画像 流出資料から分かるCIAによるハッキングの脅威とは

 内部告発情報を公開するWebサイトWikiLeaksは2017年3月7日(米国時間)、米中央情報局(CIA)に関する「史上最大の流出極秘文書」だと主張する資料(コードネーム: Vault 7)を公開した。この資料は、CIAの各種ハッキングツールに加え、「iOS」「Android」などの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用する攻撃コード(エクスプロイト)を含む。これらの脆弱性について、Appleは「大半は対策済みだ」という声明を発表。Googleもテクノロジーメディア「CNET」のインタビューで同様の説明をしている。

 WikiLeaksによると、この資料は「CIAの『Center for Cyber Intelligence』(CCI)内にある、高度なセキュリティで守られた隔離ネットワーク」から流出し、9000件近くのドキュメントとファイルを含むという。その中にあるエクスプロイトは、テレビを利用してユーザーの会話を盗聴したり、携帯端末に侵入したり、偽旗攻撃(第三者になりすました攻撃)を仕掛けたりと「さまざまな方法でCIAが利用する可能性がある」とWikiLeaksは指摘する。

 CIAは資料流出に関するコメントを控えており、流出文書が本物かどうかも明らかにしていない。

CIAのハッキング力

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。