2017年03月15日 08時00分 公開
特集/連載

「iPhone」の会話を暗号化前に盗聴? 流出資料で分かったCIAの“えげつない手口”WikiLeaksいわく「史上最大の流出極秘文書」

WikiLeaksは、米中央情報局(CIA)からの新たな流出資料を公開した。「Vault 7」というコードネームで呼ばれるこの資料は、「iOS」「Android」の攻撃ツールを含む。

[Michael Heller,TechTarget]

関連キーワード

OS | Android | iOS | 脆弱性


画像 流出資料から分かるCIAによるハッキングの脅威とは

 内部告発情報を公開するWebサイトWikiLeaksは2017年3月7日(米国時間)、米中央情報局(CIA)に関する「史上最大の流出極秘文書」だと主張する資料(コードネーム: Vault 7)を公開した。この資料は、CIAの各種ハッキングツールに加え、「iOS」「Android」などの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用する攻撃コード(エクスプロイト)を含む。これらの脆弱性について、Appleは「大半は対策済みだ」という声明を発表。Googleもテクノロジーメディア「CNET」のインタビューで同様の説明をしている。

 WikiLeaksによると、この資料は「CIAの『Center for Cyber Intelligence』(CCI)内にある、高度なセキュリティで守られた隔離ネットワーク」から流出し、9000件近くのドキュメントとファイルを含むという。その中にあるエクスプロイトは、テレビを利用してユーザーの会話を盗聴したり、携帯端末に侵入したり、偽旗攻撃(第三者になりすました攻撃)を仕掛けたりと「さまざまな方法でCIAが利用する可能性がある」とWikiLeaksは指摘する。

 CIAは資料流出に関するコメントを控えており、流出文書が本物かどうかも明らかにしていない。

CIAのハッキング力

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...

news059.jpg

三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構...

news019.jpg

スマートスピーカーが生み出す新たな顧客体験
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...