「米国政府はあなたのデータを見ていない」と言い切れない理由「セーフハーバー協定無効化」でも残る懸念(1/2 ページ)

欧州司法裁判所は、米国企業がEU域内の個人データを米国へ移転するのを認める「セーフハーバー協定」が無効であるとの判断を下した。それでも、米国政府に向けられた「ある懸念」は消えない。

2015年12月15日 12時00分 公開
[Clive LongbottomTechTarget]
欧州司法裁判所 欧州司法裁判所の公式サイト《クリックで拡大》

 大西洋を渡るデータの移転方法に関するプロセスの簡素化を目的とした、欧州連合(EU)と米国の「セーフハーバー協定」(EU諸国から米国に転送される個人データの保護に関する協定)は、欧州司法裁判所によって無効だという判決が下された。これは、米国とEU諸国の両方でビジネスを展開している国際データセンター事業者にとって興味深い判決だ。

「セーフハーバー協定無効化」のインパクト

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...