iPhone X、iPad Proを一段上のビジネスマシンに変える「iOS 11」新機能7選管理機能だけではなく、AR開発や機械学習も

「iOS 11」は、IT部門がAppleデバイスの管理や、マルチタスク処理機能に変更が加えられている。これらの変更により、同OSは企業にとって一段と使い勝手が良くなっている。

2017年12月15日 05時00分 公開
[Matt SchulzTechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | iPad | Mac | MDM(モバイルデバイス管理)


画像 ひそかな、しかし確実に役立つ機能7選

 Appleの「iOS 11」のエンタープライズ機能は、従来のバージョンと比べて画期的に進化しているわけではない。だが、幾つかの機能はIT部門担当者やビジネスでiOSを利用する人にとても役立つだろう。7つのトピックに絞り、解説する。

DEPの利用制限を緩和

 iOS 11のエンタープライズ機能の最も重要な変更は、「デバイス登録プログラム(DEP)」の機能が、AppleやApple販売パートナーから購入したAppleデバイスだけでなく、全てのAppleデバイスで利用できるようになったことだ。この変更は、Appleデバイスを他のルートで購入する企業や、従業員に私物の「iPhone」「iPad」「Mac」の業務利用を認めている企業にとって役立ちそうだ。

tvOSへのDEP、MDMの完全対応

 恐らくiOS 11の新しいエンタープライズ機能の中でも最も有用と思えるのは、モバイルデバイス管理(MDM)とDEPでのApple TV用OS「tvOS」に完全対応したことだ。Apple TVは、Appleデバイスから会議室のモニターにコンテンツを表示するためのツールとして存在感を増している。MDMとDEPでの完全対応により、管理者は、自動設定を使ってApple TVをセットアップできる。エンタープライズ向けtvOSアプリを構成したり、AirPlayのような機能を制限したりすることもできる。

「ファイル」アプリの実装

ITmedia マーケティング新着記事

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...