2017年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

iPadがよりMacっぽくなる 「iOS 11」新機能が目を引く訳インストールして問題ないかも検証 (1/2 ページ)

Appleの「iOS」は、2017年のアップグレードでは「iPad」が重視されている。しかも、変更の範囲はかつてないほど広範囲に及ぶ。

[Ed Hardy,ITmedia]

関連キーワード

iOS | iPad | Apple


 毎年アップグレードされるAppleの「iOS」は、ここ数年、「iPhone」向けの機能強化がほとんどだった。だが、2017年のアップグレードでは「iPad」が重視されている。しかも、変更の範囲はかつてないほど広範囲に及ぶ。同社は、iPadをどのノートPCにも負けない、実用性を備えた本格的なPCに変えようとしているが、その目標へさらに進んだといえる。

 Appleの「Dock」の能力は大幅に向上している。また、「Split View」も機能強化され、ドラッグアンドドロップもサポートされる。「Appスイッチャー」とコントロールセンターが統合されたが、これは台無しになっている部分もある。だが、キーボードは改善された。「ファイル」アプリが大きく強化機能され、「メモ」アプリもさらにしっかりとしたものになった。それ以外にも、程度の差はあるが、iOSのほぼ全てに微調整が加えられている。

 本稿では、iPadでこれらの変更を全てテストした上で、各変更がどの程度適切に機能するか説明する。また、本稿執筆時点での「iOS 11」の安定性についても取り上げ、インストールして問題がないかアドバイスする。

 iOS 11の機能の大半はiPad向けだが、iPhoneユーザーが完全に置き去りにされているわけではない。詳しくは、iPhone用iOS 11のレビュー記事「iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる『iOS 11』注目機能 」をご覧いただきたい。

Dock

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...