2017年10月21日 05時00分 公開
特集/連載

iPadがよりMacっぽくなる 「iOS 11」新機能が目を引く訳インストールして問題ないかも検証 (1/2 ページ)

Appleの「iOS」は、2017年のアップグレードでは「iPad」が重視されている。しかも、変更の範囲はかつてないほど広範囲に及ぶ。

[Ed Hardy,ITmedia]

関連キーワード

iOS | iPad | Apple


 毎年アップグレードされるAppleの「iOS」は、ここ数年、「iPhone」向けの機能強化がほとんどだった。だが、2017年のアップグレードでは「iPad」が重視されている。しかも、変更の範囲はかつてないほど広範囲に及ぶ。同社は、iPadをどのノートPCにも負けない、実用性を備えた本格的なPCに変えようとしているが、その目標へさらに進んだといえる。

 Appleの「Dock」の能力は大幅に向上している。また、「Split View」も機能強化され、ドラッグアンドドロップもサポートされる。「Appスイッチャー」とコントロールセンターが統合されたが、これは台無しになっている部分もある。だが、キーボードは改善された。「ファイル」アプリが大きく強化機能され、「メモ」アプリもさらにしっかりとしたものになった。それ以外にも、程度の差はあるが、iOSのほぼ全てに微調整が加えられている。

 本稿では、iPadでこれらの変更を全てテストした上で、各変更がどの程度適切に機能するか説明する。また、本稿執筆時点での「iOS 11」の安定性についても取り上げ、インストールして問題がないかアドバイスする。

 iOS 11の機能の大半はiPad向けだが、iPhoneユーザーが完全に置き去りにされているわけではない。詳しくは、iPhone用iOS 11のレビュー記事「iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる『iOS 11』注目機能 」をご覧いただきたい。

Dock

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...