停滞するiPhoneの技術進化を喜ぶ人々「半年後には時代遅れ」の不安が払拭

新機能や新技術が相次いで盛り込まれ、新型モデルも頻繁に登場してきたモバイル端末。その革新のペースが鈍化しつつあることが、企業のモバイル端末導入を促すという見方がある。

2013年11月11日 08時00分 公開
[Colin Steele,TechTarget]

 モバイル端末の急速な進化がこのところスローダウンしてきたおかげで、IT部門はようやくその進化に追い付くことができそうだ。だがやるべき仕事はたくさんある。

 2007年に米Appleの「iPhone」がデビューして以来、その後にリリースされたモバイル端末やモバイルOSは、どれも従来のITの常識を覆すような新機能を備えているように思えた。モバイル端末は、今でも大型化と高速化が進み、よりカラフルになっているが、画期的なイノベーションはあまり見られなくなった。

 モバイル技術を専門とするコンサルティング会社の米Farpoint Groupのクレイグ・マサイアス社長は「技術進化のペースは鈍化している。最近のiPhoneの発表を見ても、あっと驚くようなものがない」と話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...