Appleがついに「iPhone」にまで「USB」を使い始めた理由意外と知られていない「USBの歴史」【第4回】

Appleは同社デバイスのコネクター技術として独自の「Lightning」をやめて、「USB」に切り替えることにした。独自の使用にこだわってきた同社が“USBの優位性”を認めたのはなぜだったのか。

2024年02月19日 08時30分 公開
[Madeleine StreetsTechTarget]

関連キーワード

Apple | データ | 運用管理


 電子機器の利用において広く使われている「USB」(Universal Serial Bus、ユニバーサルシリアルバス)を、ついにAppleも採用するようになった。もともとUSBを採用する方針ではなかった同社が、なぜUSBの採用に踏み切ったのか。

USBに“あれ”が導入されたことも追い風に

 世界各国でUSBの利用が広がる中、USBをあえて採用しない企業があった。Appleだ。同社は2012年以降、全てのAppleデバイスで独自のデータ転送技術「Lightning」を採用してきた。Lightningケーブルは、両端が同じ形をしており、向きを気にせず差し込めることが特徴だ。ユーザーから「使い勝手が良い」といった評価を得てきた。

 一方のUSBは、2019年に登場した「USB4」からLightningと同様の“リバーシブル仕様”を導入した。そのため、コネクターに関するAppleの独自性が失われた。USB4はLightningと比べてデータ転送速度が速い他、デバイスの充電時間も短くしている。そうした中にあって、AppleはLightningを「USB Type-C」に置き換えることを決めた。

 AppleがLightningを維持してきた理由の一つに、収益面の利点があった。Lightningが独自技術だったことから、Lightningを使う周辺機器を製造できるのは、同社からライセンスを受けたパートナー企業のみだった。それでもAppleがUSBに舵を切ったのは、技術的な優位性があると判断したからだ。Appleは2015年に「MacBook」、2021年には「iMac」にUSBポートを採用。2023年に発売した「iPhone 15」を機に、iPhoneにもUSBを使っている。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news026.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news136.jpg

「Vポイント」「Ponta」と連携したCTV向けターゲティング広告配信と購買分析 マイクロアドが提供開始
マイクロアドは、VポイントおよびびPontaと連携したCTV向けのターゲティング広告配信を開...

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...