Appleは「iPhone」「iPad」を本気で安全にしようとしているのか?特選プレミアムコンテンツガイド

IT製品の脆弱性は避けられない。「iPhone」「iPad」といったApple製品も同様だ。セキュリティ専門家は脆弱性そのものの危険性に加えて、脆弱性に対するAppleの姿勢に厳しい目を向けている。どういうことなのか。

2023年01月29日 08時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 いつも使っている「iPhone」は絶対に安全だ――。そうした考えは必ずしも正しくない。他のIT製品と同じく、スマートフォンのiPhoneをはじめとするApple製品にも、危険な脆弱(ぜいじゃく)性が幾つか見つかっている。2022年10月には、AppleはiPhoneやタブレット「iPad」に関する10件以上の脆弱性を修正した。

 脆弱性をゼロにすることは困難だ。社内外の協力を得て可能な限り脆弱性を発見し、即座に修正することは、むしろベンダーのセキュリティ意識の高さを示すことにつながる。ただしセキュリティ専門家の間では、Appleにはこうしたセキュリティ重視の姿勢が十分に見られないとの見方があるという。どういうことなのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:またか「Appleが脆弱性修正」

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...