「この人、仕事辞めちゃう?」が分かるサインはこれだ特選プレミアムコンテンツガイド

パンデミックで進んだ働き方の変化は、人々の仕事に対する価値観を大きく変えた。こうした変化は、離職リスクの高まりといった“負”の影響を引き起こし始めている。何が起きていて、どう対処すべきなのか。

2023年01月19日 10時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、働き方の常識を大きく変えた。テレワークが当たり前になり、管理職と従業員とのやりとりは画面越しになった。通勤時間が実質ゼロになり、電話のベルや同僚のおしゃべりといった“邪魔”が入らなくなり、家族との時間をしっかりと取ることが難しくなくなった。

 パンデミックを機に進んだ、こうした急激な働き方の変化は、「働くこと」に対する人の価値観を変え始めている。働く人々の間では、勤労意欲や会社への貢献度の低下、ひいては離職リスクの増加といった悩ましい変化も現れ始めているという。実際に何が起きているのか。こうした変化をいち早く察知して対処するには、どのような“サイン”に注目すればよいのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:「クワイエットクイッティング」を知る

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...