iPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性も(1/3 ページ)

Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。

2017年08月21日 05時00分 公開
[Tsahi Levent-LeviTechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iOS | Android | マーケティング


画像 iPhoneのメッセージ機能で顧客が企業と会話できる日も近い

 Appleの企業向けチャット機能「Business Chat」は、まだ市場に出てさえいない。同製品は、一度普及すれば、カスタマーエクスペリエンスの常識を変える可能性を秘めている。

 Appleは、2017年6月に開催したWorldwide Developers Conferenceで、同製品について発表。同社は、「Business Chatは、企業間の共同作業や業務連絡、業務管理に非常に役立つツールを提供する」と説明した。

 2016年、Appleは、モバイル向けOS「iOS 10」発表と同時にiMessageを強化した。iOS向けアプリケーションの開発者は、iMessageに自身のアプリを統合可能になった。つまり、ユーザーは、iMessageで会話しながら、同じ画面で他のアプリを利用できる。iMessageは、ゲームなどの娯楽アプリで広く使われている、企業にはそれほど普及していない。

 Business Chatは、iMesssageの機能を拡大し、企業やコンタクトセンターなどでも利用可能にするという。

企業がBusiness Chatに参加するメリットとは

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...