2017年08月21日 05時00分 UPDATE
特集/連載

「Facebook BusinessとGoogleの合わせ技」が実現する可能性もiPhoneで使えるAppleの企業向けメッセージ「Business Chat」が大注目の訳 (1/3)

Appleは、企業向けチャット機能「Business Chat」を通して、あらゆる企業と消費者のコミュニケーションを加速させようとしている。

[Tsahi Levent-Levi,TechTarget]

関連キーワード

Apple | iPhone | iOS | Android | マーケティング


画像 iPhoneのメッセージ機能で顧客が企業と会話できる日も近い

 Appleの企業向けチャット機能「Business Chat」は、まだ市場に出てさえいない。同製品は、一度普及すれば、カスタマーエクスペリエンスの常識を変える可能性を秘めている。

 Appleは、2017年6月に開催したWorldwide Developers Conferenceで、同製品について発表。同社は、「Business Chatは、企業間の共同作業や業務連絡、業務管理に非常に役立つツールを提供する」と説明した。

 2016年、Appleは、モバイル向けOS「iOS 10」発表と同時にiMessageを強化した。iOS向けアプリケーションの開発者は、iMessageに自身のアプリを統合可能になった。つまり、ユーザーは、iMessageで会話しながら、同じ画面で他のアプリを利用できる。iMessageは、ゲームなどの娯楽アプリで広く使われている、企業にはそれほど普及していない。

 Business Chatは、iMesssageの機能を拡大し、企業やコンタクトセンターなどでも利用可能にするという。

企業がBusiness Chatに参加するメリットとは

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。