Appleは「iPhone」「Mac」の会社ではない? サービス事業急成長の意味とはMicrosoftなど競合もサービス重視へ

Apple、Microsoft、BlackBerryなど、名だたるIT大手はソフトウェア・サービス事業に注力し、ビジネス戦略を転換しようとしている。Appleの2017年第3四半期業績発表からも、その傾向を読み取ることができる。

2017年08月16日 05時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]

 Appleが2017年8月1日に発表した、7月1日までの第3四半期決算には、多くのIT大手がソフトウェアおよびサービスベンダーへと転換する傾向が表れていた。「Mac」「iPhone」「iPad」で知られる同社はこの転換の真っただ中にある。

 同四半期の決算では依然として、iPhoneが圧倒的に最大の収入源になっている。だがiPhoneの売り上げの伸びは前年同期比でわずか2%にとどまることが、Appleの説明で明らかになった。IDCによると、スマートフォン市場全体ではこの3カ月で3.3%縮小した。

 Appleは最大の製品分野の伸びが鈍化したにもかかわらず、売り上げは7%増の454億ドル に達した。これはサービス分野が前年同期比で22%増えて72億6600万ドルとなったことによる。これでサービスはMac(55億9200万ドル)とiPad(49億6900万ドル) を抜いて、同社で売り上げが2番目に大きい事業になった。

 他のIT大手もソフトウェアとサービスに力を入れている。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...