創造的破壊が起きつつある5つの市場 次の「Airbnb」「Uber」はどこで生まれる?次のブルーオーシャンはどこか

近年、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」などのサービスが勢いを増している。次はどの市場にシェアリングエコノミーが参入するだろうか。

2017年03月23日 12時00分 公開
[Harry WangTechTarget]
Airbnb シェアリングエコノミーサービスが登場しそうな次の市場とは(画像は「Airbnb」Webサイトより)《クリックで拡大》

 近年勢いを増している、民泊サービスの「Airbnb」、タクシー配車サービスの「Uber」、不動産取引の金融サービス「HomeAdvisor」など、インターネットを通じてモノやサービスを共有するシェアリングエコノミーサービスには、既存の業界を破壊的に変革する力がある。本稿では、デジタルディスラプション(デジタル時代の創造的破壊)の次なる最前線となりそうな5つの市場の概要を、カーシェアリング、自動車修理・整備、セルフストレージ、テクニカルサポート、中古教科書販売・レンタルの順に紹介する。

カーシェアリング

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。