2017年02月23日 12時00分 公開
特集/連載

2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?ベンダーの“希望的観測”を検証する

データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。

[Rich Castagna,TechTarget]
多くのストレージベンダーが2017年の予測を発表しているが的確なものは何一つないと言ったら言い過ぎだろうか

 データストレージ業界が2017年に実施したデータストレージベンダーの動向予測に多くのIT関係者や企業のIT担当者が注目している。こうした調査は、一般の意見を聴くアプローチで、その調査結果を説得材料にしてデータストレージ技術の必要性を説いて宣伝に使う目的で、毎年のように実施している。

 この記事では、私が注目したデータストレージベンダーによる業界予測を、多分それより偏見の少ない私が検証している。なお、このような記事の“作法”に従って、データストレージベンダーの具体的な社名は伏せておく。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...