2017年02月23日 12時00分 公開
特集/連載

ベンダーの“希望的観測”を検証する2017年のストレージ市場、ベンダーの“大いなる希望”と“渋い現実”のギャップは?

データストレージベンダーが2017年のデータストレージ技術について発表した予想を、長年この業界をチェックしてきた専門家が検証する。

[Rich Castagna,TechTarget]
多くのストレージベンダーが2017年の予測を発表しているが的確なものは何一つないと言ったら言い過ぎだろうか

 データストレージ業界が2017年に実施したデータストレージベンダーの動向予測に多くのIT関係者や企業のIT担当者が注目している。こうした調査は、一般の意見を聴くアプローチで、その調査結果を説得材料にしてデータストレージ技術の必要性を説いて宣伝に使う目的で、毎年のように実施している。

 この記事では、私が注目したデータストレージベンダーによる業界予測を、多分それより偏見の少ない私が検証している。なお、このような記事の“作法”に従って、データストレージベンダーの具体的な社名は伏せておく。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。