乗り遅れると致命的、2017年の企業ITを左右する5つの主要技術を示すクラウド、IoTの他は?

クラウドコンピューティングはここ数年で大いに進化した。ただし先はまだ長い。今後はビッグデータやコンテナ、IoTといった技術が大きな役割を担うことになる。

2017年02月02日 15時00分 公開
[Mike MatchettTechTarget]

 2017年はどのような技術が目玉となるのだろうか。2017年のITトレンドとして私たちが注目しているのは、クラウドのハイブリッド導入、ビッグデータアプリケーション、コンテナなど、いずれも既によく知られた技術だ。その他に注目すべきは、不揮発性のストレージクラスメモリ(SCM)が普及期を迎え、これまで30年間使われてきた従来型の構造化されたデータセンターインフラに取って代わり始めるかもしれないという点だ。さらにIT担当者は皆、大注目のIoT(モノのインターネット)への対応を迫られることになるだろう。

 こうした技術はそれぞれが相互に関連している。実際、IoTのデータを処理する新しいアプリケーションを管理する必要性から、今後これら5つの分野全てに一気に取り組まなければならない企業が増えたとしても少しも意外ではない。各分野の概要を確認しておこう。

注目の5分野

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...