2017年01月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

増えるハイブリッドなVDI環境にどう対応する?2017年はDaaSの年になる――仮想デスクトップで押さえておくべき3つの動向

2017年、仮想デスクトップインフラ(VDI)分野はどうなるのだろうか。起きるであろう変化を紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
デスクトップ仮想化のコンポーネント(「デスクトップ仮想化の仕組みとメリット」より)《クリックで拡大》

 2016年が終わり、2017年が始まった。VDI(仮想デスクトップインフラ)の今後の展開を占うには格好のタイミングだ。

 2017年はDaaS(Desktops as a Service)の年になるのか。オンプレミスとクラウドベースの仮想デスクトップが混在するハイブリッド環境をもっとうまく管理するために、どうすればいいのか。グラフィック処理の多い仮想アプリケーションの増加に対して、どう対処すればいいのだろうか。本稿は、調査会社IDCのアナリストであるロバート・ヤング氏が、DaaSの採用拡大や、グラフィック処理の多いアプリケーションをサポートする重要性の高まりなど、2017年にVDI分野に訪れるであろう変化を予想する。

DaaSやWaaSの採用が拡大

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。