「iPhone」「iPad」――iOSデバイスだけがビジネスで使われ続ける単純な理由Android、Windowsとは何が違う?(1/2 ページ)

Appleは企業向けモバイル市場でBlackBerryからトップの座を奪い、Windowsより優先される存在になった。Androidも進出拡大へ攻勢を強める。

2015年10月11日 09時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Android | iOS | Windows


モバイル端末向けOSの強みと課題(出典:ガートナー2013年4月)《クリックで拡大》

 米Appleの「iOS」は依然として法人市場で大部分のモバイルデバイスを率いる存在だ。だが「Android」も引き続き企業向け領域でシェア確保を狙う。

 カナダBlackBerryはかつて企業向けモバイルで独占的存在だったが、Appleの攻勢に遭って地盤を守り切れなかった。米Microsoftはスマートフォンメーカー向けに無償でモバイル用「Windows」を提供しているにもかかわらず、企業向け分野でほとんど成功を収めていない。必然的に残るのはAndroidとiOSの争いだ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...