iPhone/iPadが速くなる AppleとCiscoの提携で出現する“高速車線”とは?Cisco機器をiOS端末とアプリに最適化(1/2 ページ)

米Appleと米Ciscoが企業向け事業で業務提携を結んだ。その狙いは、iOS端末にネットワークの“高速車線”を提供することだ。iPhoneとiPadの企業導入を後押しする契機となるのだろうか。

2015年09月04日 12時00分 公開
[Ramin EdmondTechTarget]

関連キーワード

iPad | Apple | Cisco Systems | iPhone | iOS


提携内容を示すインフォグラフィックス(Ciscoの発表資料から)《クリックで拡大》

 米Appleと米Cisco Systemsによる企業向け事業での提携は、モバイルネットワークとiOS端末の今後に大きな影響を与えるかもしれない。

 その狙いは、iOS端末をビジネスで利用しているユーザーに“高速車線”を提供することだ。具体的には、Ciscoのネットワーク機器をiOS端末とアプリに最適化し、iPhoneをCiscoの企業環境に統合。iPhone/iPad向けのコラボレーションツールも提供する。

ネコ画像か遠隔診察か

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...