2015年02月18日 15時00分 公開
特集/連載

「IT予算、低すぎ」な企業が選んだiPhone、iPad管理ソフトの費用対効果不動産会社の導入事例

モバイル端末管理(MDM)製品を探していた不動産会社が選んだ米JAMFの「Bushel」は、費用効果の高い米Apple端末専用MDMだ。しかし、制限もある。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 あらゆる企業がモバイル端末の管理に本格的なEMMプラットフォームを必要とするわけではない。ある不動産会社は、条件に合う低価格のApple端末用MDM商品を採用した。

 米商業不動産会社のGRS Groupは従業員総数51人、その多くが米国以外の世界各地で勤務している。正社員には会社からAppleの「iOS」端末を支給するだけで、社内ネットワークではそれ以外何もサポートしていない。

3台まで無料で利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...