2015年02月18日 15時00分 公開
特集/連載

「IT予算、低すぎ」な企業が選んだiPhone、iPad管理ソフトの費用対効果不動産会社の導入事例

モバイル端末管理(MDM)製品を探していた不動産会社が選んだ米JAMFの「Bushel」は、費用効果の高い米Apple端末専用MDMだ。しかし、制限もある。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 あらゆる企業がモバイル端末の管理に本格的なEMMプラットフォームを必要とするわけではない。ある不動産会社は、条件に合う低価格のApple端末用MDM商品を採用した。

 米商業不動産会社のGRS Groupは従業員総数51人、その多くが米国以外の世界各地で勤務している。正社員には会社からAppleの「iOS」端末を支給するだけで、社内ネットワークではそれ以外何もサポートしていない。

3台まで無料で利用可能

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...