徹底レビュー:iPhone、iPadではなくやっぱり「iPad mini 4」、誰もが驚く細部へのこだわりとは進化した「Retinaディスプレイ」の鮮やかさを見よ(1/2 ページ)

米Appleの「iPad mini 4」には「iPad mini」の過去モデルを一掃し、よりパフォーマンスの高いモデルの普及を図るという意図が見え隠れする。その詳細を徹底検証する。

2015年11月07日 09時00分 公開
[Vince FontTechTarget]
iPad mini 4 iPad mini 4《クリックで拡大》

 米Appleは2014年にリリースした「iPad mini 3」の販売を終了し、「iPad mini 4」の販売に切り替えた。これには「iPad mini」の過去モデルを一掃し、よりパフォーマンスの高いモデルの普及を図るという意図が見え隠れする。

 iPad mini 4は大きく向上したディスプレイを備え、評判の高い「iPad Air 2」のパフォーマンスに匹敵するプロセッサを搭載している。だが、iPad mini 4は、初代iPad miniで間に合っているユーザーが、わざわざ乗り換えるに値するものだろうか。本稿では、それを検証したい。

構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...